いわゆる「不動産テック」と、不動産業界の今後についての考察

IT不動産、IT会社の顔をした不動産会社は今後の流れでしょう。

大手企業の参入のみならず、今後は小さな不動産会社でも諸費投資をおしまず、自前で強大なシステムを持ちながらリアル店舗要因は最低限、といった会社も増えてくるように思います。(事実そういう会社は今でもありますが)

どちらにせよ、旧態然とした会社がずっと生き残っていくのは、どの世界でも難しい話です。

子供の頃に親身になって接してくれたパン屋さん、本屋さん、おもちゃ屋さん。父や母に新鮮でおいしいものを提供してくれた八百屋さん魚屋さんたち。みんなサービスのクオリティ・品物のよさはピカイチだったと思います。それでも淘汰され、いまや商店街はシャッター街です。

よいものを提供し、まじめに仕事をする、そうしても勝ち残れない厳しい世の中は、悲しいかな確実にあります。

しかしながら、みんながみんな潰れて消えるかといえばそうでもなく、今も元気に働き、地元の人に愛され活況な商店が生き残っているのも事実です。まじめに生きる、顧客を思い、いいサービスを提供して世の中をよくしていきたいと思う業界の人々にはなんとしても勝ち残ってもらいたいと思うばかりです。

どちらにせよ、消費者に支持される、それが生き残りの条件です。がんばって模索して行きましょう。

 

=============================
アイティーレックス株式会社 鳥海成樹
ブログ http://toriumi.jugem.jp
WEBサイト http://www.it-rex.jp

ページ:
1 2 3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る