【不動産WEB集客】売価物件募集のアドワーズ単価について

不動産 キーワード単価 SEO

 

「不動産売却」への集客について、グーグルキーワード広告からみた考察

もはやネットビジネスでは欠かせなくなってきたGoogleAdwords広告
一般顧客対象の不動産業界では大手中堅を始めとした様々な会社がネット集客にしのぎを削っています。

しかしながら、多くを占める地場不動産業者では、「ネットに不得意」だから、とキーワード広告をしていないケースが多いです。面倒で手間がかかるという面もあるでしょう。
検索全盛の世の中で、自然SEO頼み、またはあやしいSEO会社に騙されたりする会社も少なくありません。
ネット広告といえば、アットホーム・スーモ・ホームズといったポータルサイトがせいぜいなところが多いと思われます。

しかしながら、不動産ポータルの集客も頭打ち感が出始めた昨今、また、多くの会社で「売却を取る」意識に変わり始めた現状では、先進的な会社からネット広告をキーワード広告にシフトしている動きもみられます。

ポータルは多勢のなかの一つに過ぎませんが、キーワード広告ではダイレクトに自社にアクセスを集められ、集客により効果的だからです。(別にアドワーズをヨイショしているわけではないですよ)

さて、そんなキーワード広告ですが、「不動産 売却」のワードに関してのクリック単価の現状は以下の通りです。

▼▼▼画像が非常に長いのでページ分割します▼▼▼

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る