横浜の中古マンションの専門家が教える、不動産取引の秘訣とは

中古マンション取引は自分で調査!不動産屋でもワカラナイことが次々判明?!

S様購入申込みと同時に住宅ローン事前審査書類をお預かりしたのが内覧日の翌日で月曜日の夜、その週の週末日曜日の午前中に、当店にて売買契約を締結することになっていました。

私はいつものように、平日に物件調査に向かいました。
法務局・区役所・建築事務所・管理会社・マンション現地などなどを回って物件調査をした後、重要事項説明書と売買契約書を作成しました。

そして、日曜日の午前中、当店にて私が売買契約前の重要事項説明を行っている時のことです。
マンションの管理会社が発行した重要事項調査報告書を見ながら、「申し訳ありません。残念ながら、告知事項に関する部分は調べられませんでした。」とSさまにお伝えしました。

重要事項調査報告書には 『マンション内における自殺・事件の有無等に関することには、一切お答えすることはできません。』 と書いてあります。

当然、私は平日の物件調査中に、ダメ元で管理会社にも電話をして、告知事項に関して教えてもらえないか?と相談していましたが、管理会社のルールにて一切お答えできません。という、つれないお返事が・・・

この答えは予想していましたから、
今度はマンション現地の管理人さんにも、同じ質問をぶつけてみました。
お話好きで気さくな管理人さんであれば、以前に何度か教えてもらえたことがあったからです。

ところが管理人さんも全く同じ返事で、「そのような内容については一切お答えできません。」こちらもつれないお返事でした。。。

最後にもうひとつチャレンジ!

誰も話してくれないのであれば、住人の方に聞くしかない!というわけで、Sさまが購入予定のお部屋の両隣の方にインターフォン越しで同じ質問をぶつけてみました。

すると・・・

「あなた、不動産屋だよね?何であなたにそんなこと答えなければいけないの?」

あぁ・・・

そこで、話題をきり変えてさりげなく、

「こちらのマンションはとても住みやすいですよね。ところで、もしお子さまがいらっしゃいましたら、小学校の学区を教えていただけないでしょうか?」

と家族構成の概要だけでもつかめたらと聞いてみましたが逆効果でした・・・

「何で不動産屋に個人情報を教えなければいけないの?答える必要なんてないよね。それに、学区なんてネット見ればわかるでしょ!」

両隣ともに、こんな感じの冷くあしらわれお話になりませんでした。。。

不動産屋ってイメージが悪いというか、きっと警戒されてるんでしょうね。
不動産屋だから、余計に言いたくないという態度をとられたりもします。。。

正直、個人情報保護法以降はこのような対応をとられることが多く、私たち、不動産屋の聞き込み物件調査は年々難しくなっているのが現状です。

また、最近は特に管理会社の担当者・管理人さんも非協力的な方が多くなっていて、本当に不動産屋としては困ってしまいます。
お客様が気になることなのに、調べることができないわけですから・・・

するとSさまがこう言いました。

「露木さん、特にマンション内で自殺や事件はないし、告知事項みたいなものは、ないみたいだよ。管理人さんと住人の方に聞いたら、色々と教えてくれたよ。まだ、管理組合の議題にはあがってないけれど、修繕積立金を3年以内に多分、月々3,000円程度上げることになるだろうってさ。そして、共用部分の玄関ドアとサッシはだいぶ老朽化しているから、次回の大規模修繕時までには、マンション全体で交換する方向になると思う。それから、敷地内の駐車場には、空きが結構あるので、そのうち区分所有者以外の外部の人にも貸せるようになると思うって。」

・・・(^_^;)

当然ですが、そんな情報は私が一生懸命に調べて、集めてきた書類のどこにも記載されていませんでした・・・

私「Sさん、凄いですね。よく調べられましたね。」

さらにSさんは「中庭で遊んでいた親子、数組と話をしたんだけど、駅までの近道と、近所のスーパーの特売日を教えてもらったよ。
そして、日曜日には裏手にある畑で、野菜の直売をしていて、安くておいしいんだって。それから、エントランスに向かう通路の1階の角部屋に住んでいるおばあちゃんはとってもお話好きなので、一度捕まると30分以上の立ち話になるから気をつけてね(笑)だって。」

・・・・・(^_^;)

 

その後もSさんの話はかなり深くてディープな話になっていきます。

こんなに色々なことを調べられたなんて、Sさん凄い!凄すぎます!

Sさんは確かに笑顔が素敵で、人当たりの良い社交的な方でした。それにしても、まさかここまで色々なことを調べられるとは、、、
プロとしては全く立場がありませんが、本当に感心してしまいました。

Sさんがこんなにも色々なことを調べられたのはどうしてだろう?
自分なりに考えてみました。

そうです。

これだけインターネットが発達した時代でも、ネットでも調べられないことは案外ある。
そして、リアルの人の口コミ情報ほどありがたいものはないということです。

さらに、人の口コミ情報に関しましては、プロの不動産屋よりも、購入を検討されているお客さまの方が警戒されることがほとんどなく、色々な情報を聞き出すことができたりするのです。

プロの私がこんなことを言ったら、プロ失格と言われてしまうのかも知れませんが・・・
本当に事実なので!

購入検討のマンションが見つかったら、お客さま自身での聞き込み調査!
やってみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

購入したいと思えるマンションが見つかったら、マンションの現地にて、管理人さんや住人の方に勇気を出して、色々と質問してみましょう。

Sさんはこんな感じで話をしたそうです。

「売りに出ている305号室の購入を検討しています。
こちらのマンションは住みやすいですか?
マンション内で何か変わったことはありましたか?
今後、計画されていることはありますか?」

不思議なのですが、不動産屋には話をしてくれなくても、購入を検討している一般の方だと解ると、管理人さんも住人の方も警戒心が薄れるのか、案外、簡単に色々なことを教えてくれるそうです。

おいおい。。。

高い仲介手数料をもらっているプロが本末転倒なこんなこと書いていいのか!とお叱りを受けるかとも思いますが

・・・(^_^;)

こんな考え方もあるということで、ご理解をしていただけたら幸いです。

 

実は横浜の「パークスクエア三ッ沢公園」の傾き問題が発覚する一年以上前から、近所の方はこのマンションが傾いてきていることを知っていました。

今から約一年半ぐらい前にたまたま、私が「パークスクエア三ッ沢公園」に近い中古マンションの売却依頼を受けた時のことです。
売主さまが「あのマンションは傾いてきている。」と教えてくれたのです。

「マンションとマンションのつなぎ目通路に隙間ができていて、ドンドンずれてきている。あのマンションは確実に傾いているよ。」

「えっ!そうなんですね。。。最近、良く売り物件が出るな~とは思っていたのですが、まさか、そんな理由があったとは・・・」

そうです。
プロも知らない情報を近隣の方は知っているのです。

「パークシティLaLa横浜」の近くに住む方もきっと随分前から、このマンションが傾いてきていることを知っていたでしょうね。

書類上の物件調査はもちろん大切なのですが、今後は周辺の聞き込み調査に、もっと、もっと力をいれなければ!
不動産屋として、そう強く思った瞬間でした。

一生のお買いものであるマンション購入!
各界の専門家やプロでも調べられないことを、少しの勇気と行動力を持つことにより、自分で調べることもできる!
自己防衛・リスク回避という意味では、この聞き込み調査をご自身でもチャレンジしてみる!
この考え方は、今後、非常に大切になってくると思います。

横浜の傾斜マンション問題。
本当に先が見えなくて、住んでいらっしゃる方は、不安な毎日を過ごされているかと思います。
また、一口に建て替えといっても、区分所有法の5分の4の同意は、ハードルが高すぎるので、なかなか着地点が見えてきませんが、みなさんが納得できる提案を速やかに実行してもらいたいですね。

私は無力で何もできませんが、今後、中古マンション購入を検討されているみなさまへ。

自己防衛・リスク回避のために、「物件調査=聞き込み調査は自分でもできるのでチャレンジしてみましょう!」

このことを一番にお伝えしたいと思います。

最後に、

私の聞き込み調査が上手くいかなかったのは、もしかすると私の風貌もいけないのかも知れません。。。

私が身長190㎝、体重100キロオーバーでマンションの写真を撮っている時に「おまわりさんから職務質問」をされたこと3回

・・・(^_^;)

住人の方から何を撮ってるんですか?(゚Д゚#)コラァー!!

と咎められたこと10回以上あります・・・(泣)

人を見た目で判断してはいけませんよ・・・
地域密着で結構、まじめに頑張っている不動産屋だと、自分では思っているんですけどね・・・

ちなみに、購入検討のお客さまのふりをして、マンションにて聞き込み調査をしたこともあるのですが、残念ながら、結果は変わらずでした。。。 ミ(o_ _)o バタリ…

無念・・・
そして、反省・・・

完全にプロ失格ですが、今度は私服でお客さまになりきって再チャレンジしてみようと思います!

以上、長くなってしまいましたが、少しでも参考になれたなら幸いです。

横浜の中古マンション売買専門店 
東横マンションセンター代表のガリバー露木でした。

東横マンションセンター画像

「マンションの購入、売却、買い替えのご相談はお気軽にお声掛けください。
地域密着・お客様第一でご対応させていただきます。」

(株)東横マンションセンター 代表取締役 露木 真喜
WEB:http://www.toyoko-ms.jp/
東横線エリアの中古マンションに専門特化した不動産会社。地域密着営業でファンの顧客も多い。
日本全国2,100社のIT不動産会社の中から1社が選ばれる2012年度@dream大賞を受賞。

ページ:
1 2 3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年12月6日 fdj-today 2017年12月5日
    ■■リクルート住まいカンパニー /「2017年 注文住宅動向・トレンド調査」を実施(2017/12/5) ●注 […]
    fdj2-today
  • 2017年12月5日 fdj-today 2017年12月4日
    ■■国土交通省/「第4回住宅瑕疵保険制度のセーフティネットに関する検討会」を開催(2017/12/2) ●12 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る