三重県関宿観光してみた

三重県 関宿

旧東海道の名残を今に残す街「関宿」へ行ってみました!

たいへんご好評いただいております、旅シリーズなんですが、今回は三重県にある「関宿」をご紹介したいと思います。

関宿は東海道五十三次の47番目の宿場であありまして、古代からの交通の要衝であり、、、、
くわしくはWikipedia見てね

鈴鹿峠の真下にある宿場でして、『日本三関』の一つだそうです。
関宿の真ん中を急東海道が通っている宿場町で、現在も往時の原風景をのこしたままの「大変貴重な街」です。
もう街として日本の歴史を残してる場所なんて京都にもないんだけど、ここ関宿は街そのもの(全体ではないですが)が残っているとされているようです。

▽ホラ!こんな感じで!風情あるでしょう?

関宿 sekijyuku tokaido street road

▽建物が往時そのまま。もちろん手直しされてたり、されてなかったりしますが、テーマパークのようなきれいに作られたものとは違う「確かなリアル」がそこにあります。

 DSC_0146_1

DSC_0147_2 

DSC_0166_1

DSC_0151_1 

連休に行ったのですが、案外人が少なくて拍子抜けしました。
まぁ、混みまくってるよりゆったりしていいかな。ゆったり歴史散策。

下の画像、これなにかわかります?
これね「高札」なんです。高札場とは、幕府の法度や掟書や宿場の決まりなどを掲示した札を掲げる場所です。
キリシタン禁止!とか書いてあったようですよ。こんなのはじめて見た。

DSC_0153_2

お茶屋さん。伊勢茶とありますね。

関宿は古代から交通の要衝であり、壬申の乱の頃に古代三関のひとつ「鈴鹿関」が置かれていたところです。関の名もこの「鈴鹿関」に由来しています。
江戸時代には、東海道53次の江戸から数えて47番目の宿場町として、東の追分からは伊勢別街道、西の追分からは大和街道が分岐していたこともあり、参勤交代や伊勢参りの人々などで大変にぎわいました。~伊勢北部の観光情報サイト「北伊勢で遊ぼう」

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件たくさんポータルサイト
不動産営業ツール

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年3月24日 fdj-today 2017年3月24日
    ■■国土交通省、農林水産省/「平成29年度 都市と緑・農が共生するまちづくりに関する調査」の提案を募集(201 […]
    fdj2-today
  • 2017年3月23日 fdj-today 2017年3月23日
    ■■国土交通省 /第6回「物流を考慮した建築物の設計・運用検討会」を開催(2017/3/22) ●物流の効率化 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る