マクドナルドvsモスバーガー価格比較(2015/11版)

ネットでマクドナルドの値上げでモスと並んだと話題なので比較してみましたよ。

絶賛迷走中でネット界隈の話題をさらっているマクドナルド。
何がしたいのかよくわからない予測不能な行動は、ニュースが枯れたころもメディアでたびたび話題にされてます。

産経新聞:苦戦のマック、「昼割メニュー」廃止でまたも批判の嵐 「安くなけりゃ行かね~よ」

マクドナルドが値上げした結果→モスバーガーより高くなっててワロタwwwwwwwwww

前年比マイナスとか大幅赤字とか続いているのに、値上げしちゃうところがなんともまぁ、空気などまったく読まない外資系っぽいアナーキーな感じがします。

マックといえば対比されるのがやっぱりモスです。そこで今回は上記の報をうけ、軽く価格比較をしてみました。

かつて地域別価格などを導入して、カネ取れる(売れる)都会からはガッポリとるような施策を行いユーザーの反発を食らっていました。しかし、今回価格を統一しHPにも価格を再掲載し始めた模様。
そこで、ホームページ記載のメニュー料金表から、「マクドナルドvsモスバーガー」の対応するメニュー価格の比較を行ってみました。

それがこちら

マクドナルド・モスバーガー価格比較

まとめサイトに書いてあるのと違うな?マックが少し安い?
前は地域によって値段違ってたのをやめたんじゃないの??
とおもったら、マックのメニューの下にこういう文言がありました。

※一部店舗で検証を行っている場合、商品によって価格が異なることがあります。
~マクドナルド メニューより

一部店舗ではまだ値段が違うようです。

どちらにせよ、この値段ならば、多くの国民が「モスじゃね?」って感じかと思います。

かつては昼マックでビックマックセットが550円、それが670円。
ならいかんんわな。お昼のおなかすいたときには670円あったらもっといいの食べるでしょ。

松屋や吉野家でこの値段ならばほぼどの定食でも選べます。
地域のお店でももっといいものが食べられるかもしれません。
あと少し出しておいしいラーメン食べるかもね。

一般消費者がマクドナルドに期待しているのは何だろうか。

Wikipediaによると、

ファーストフードまたはファストフード(英: fast food)とは、短時間で調理、あるいは注文してからすぐ食べられる手軽な食品や食事のこと。~wikipedia「ファーストフード」

とのことです。

手軽にとは安くパパッと食べられることではないでしょうか。
多くの人が思っていることと思いますが、最近のマクドナルドは注文してから作るため、出てくるのが「遅い」です。
店舗によっては店舗の偉い人が「早くしろ!」とスタッフに怒っている声などが聞こえてなんだか気分悪いときもあります。
そして、遅く出てきたそれがおいしいかといわれれば、微妙です。
正直なところ、価格比較以上にモスバーガーのほうがおいしいです。バーガーもポテトも。

ネット上でもたびたび話題になりますが、忙しいのか店舗が汚れていたりするのも目立つようになりました。
モスはどこの店舗も小奇麗でおしゃれですよね。
こちらもマクドナルドとはもはや比較にすらならないと思われます。

おもてなしの心を体現しているモスバーガーと、アメリカンで迷走するマクドナルドは、なんだか日本車メーカーとアメ車メーカーのような違いにも思えてきます。

徹底的にコストを省き、安かろう悪かろうで売る、昔のように一定時間のストックで、中途半端なおいしさと価格よりは、安さと速さ、その安さの中に惣菜パンなんかよりはおいしいを追求するべきなんじゃないかな、とか思ったりもします。

巨額赤字が続くマクドナルド、はたしてこの先どうなることでしょうか。
世界的にも不調の続くマクドナルドのこれからの巻き返しにどういう手を打つのか、見ものですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る