【フランス・パリ同時多発テロ】世界の建物を染めるトリコロールカラー

  • 2015/11/16
  • 【フランス・パリ同時多発テロ】世界の建物を染めるトリコロールカラー はコメントを受け付けていません。
フランス・パリ同時多発テロ

世界中の有名建物で哀悼の意を表したトリコロールカラーのプロジェクションマッピングが

大規模なフランス同時多発テロに対し、哀悼の意を表し、世界各国で著名な建造物がトリコロールカラーにライトアップされています。
グローバル社会の世の中で、とくにEUで人の行き来が多くなり、ITで多くの人がつながっている世界で、フランスに縁のある人も世界中にいることでしょう。哀悼の意が世界に広がっています。

 

東京タワーでもトリコロールに。

 

東京スカイツリーもトリコロールに。

 

今回のフランス・パリ同時多発テロに際し、ウェブサービス各所でも哀悼の意が表されています。

ネットからもフランスへの祈り YouTubeやAmazonなど様々な企業がトリコロールに染まる

 

ネット上では、フェイスブックがプロフィール写真にトリコロールをかぶせることに対して賛否が世界中で巻き起こっています。
(自分のプロフィール画像の上に、透かしのフランス国旗をかぶせ、哀悼の意を示す機能)

フェイスブックトリコロール機能

ネット上の声では、中東ではいつも爆撃によって一般市民が殺されているのに、という声がでてきており、それの意見に賛同する人も多くいます。
他方、これだけ大規模な無差別テロにたいしてせめて哀悼の意を示すことのどこがわるいのか、「中東では~」という人間は毎日哀悼毎晩の意を表しているのか、など辛らつな反撃も多くあります。

とくに日本では後者が多く見受けられます。

どちらにせよ、「だからやらない」に意見が帰結してしまえば、「結局何もしないほうがいい」になってしまいます。
何もしない無関心は社会のためならぬことはわれわれ日本人はよく知り経験したことでもあります。
いろんな考え・思想はあっていいと思います。その発言発表もあっていいと思います。それこそが自由な社会、自由・平等・博愛の社会なのですから。
しかしながら、だからといって、自分の考えを他者に押し付け、意に沿わぬものを攻撃するというのは、それこそテロと同じではないでしょうか。

欧米のわが身に迫る地からの賛否議論ではない、わが国のネット上の批判合戦を見るに、そういう感じがしました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る