政府、2020年までに新築戸建て住宅の過半数をネット・ゼロ・エネルギー住宅化

FDJ不動産ニュース

省エネ住宅促進および蛍光灯・白熱電球実質禁止による「LED普及大作戦」

安倍首相は11月26日、首相官邸で政府と経済界代表らによる「未来投資に向けた官民対話」を開催した。
その中で、住宅省エネ化促進させ、2020年までに新築戸建て住宅の過半数をネット・ゼロ・エネルギー住宅化するとともに、省エネ・リフォームも倍増させる方向性を示した。

住宅の省エネを促進してまいります。来年度にトップランナー制度を白熱灯へ適用します。2020年までに、ハウスメーカー等の新築戸建の過半数をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化するとともに、省エネ・リフォームを倍増させてまいります。

また、省エネに関しては、蛍光灯や白熱電球を実質的に禁止の方向とし、2020年以降はLEDを普及させる見込みとのこと。

蛍光灯、原則生産禁止へ – 20年度以降、LED普及目指す(毎日新聞)

蛍光灯製造、実質不可能に=省エネへLED化促進—政府(ウォールストリートジャーナル)

首相 照明器具などの省エネ対策加速へ(NHK NEWSWEB)

LEDは製品寿命が長く、消費電力が小さいという大きなメリットの反面、価格が高く、人の目にとってやさしくない(目に刺さる)という声も大きくあります。

車の運転時、対向車のヘッドライトや、信号待ちのテールランプがまぶしすぎる、というか目に刺さる感じがする方も多いかと思います。筆者は先日、夜に車でスーパーに行ったところ、スーパー内で目がひどい乱視のごとくチカチカしましたが、あれは他車のLEDのせいだと思いました。

少子高齢化の折、ただでさえ夜間の運転が大変な時代に、目に優しくない、LEDは正直なところ迷惑だと感じています。
自動車メーカーさんもなにかよい方法を考えてはいただけないだろうか。

 

とりあえずは、以上のように現状ではLED一極化は反対の声が多数を占めます。
こちらは安保関連とは違って、作り出された反対や見せ掛けのボリュームとは違い、国民の総意かと思います。
政府にもしっかりと考慮していただきたい、と思いますが、以下のような対ーとも発見いたしましたのでご参考に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る