不動産事業で猫を救う ~東京キャットガーディアン訪問(3/3)

驚異の満室経営「猫付マンション」とは

その名の通り「猫」が付いているマンションです。
東京キャットガーディアンが保護する猫と「預かりボランティア」として一緒にお部屋で住める賃貸物件です。
保護猫ボランティアという形ではありますが、実際は家族同然に暮らせます。退去時には連れて行けますし。また、猫との生活の中で困ったことがあればいつでも東京キャットガーディアンに相談も出来ますし、アフターケアとして様々なセミナー講座なども用意されています。

すごいなと思うのは、通常の入居審査とは別「猫の預かりボランティアとしての審査」もあることです。ダブル審査!入居さえしてくれれば誰でもOKというわけではないのです。その人に猫を預かるだけの適正があるかどうかが審査されます。この空室目立つご時勢になんともすごい話ではありませんか。待ってでも入りたい、ダブル審査を受けてでも入りたい物件なんてなかなかないでしょう。

猫付マンションこの「猫付マンション」、東京キャットガーディアンが保有しているものではなく、不動産会社・物件オーナーとの協業によって成り立っています。(なお、呼称は「猫付マンション」ですが、マンションのほかアパート・戸建て・テラスハウスなど様々だそうです。→)

保護猫活動を行っているNPO法人東京キャットガーディアンが、保護猫譲渡の活動の一環として考案したこの「猫付マンション」、シェルターだけでは何かと限界がある中、外部の保護先の確保のみならず、住人が猫と暮らし転居する際に引き取ってくれれば譲渡先にもなり空いた物件にはまたあたらしい猫が入れる、というよい循環を目指してのものでした。(ナイスアイデア!)
しかし、実際は退去する人がほとんどいないため、猫の住む場所を確保するには、いまや物件を増やしていかねばならない状態になっています。

単なるペット可物件とは違い、保護猫と暮らすという社会貢献性、そのストーリー、そういうものに心惹かれ、多くの人が行列するのです。

しかし、これだけ人気な賃貸物件にもかかわらず対応物件が増えません。東京キャットガーディアンさんはテレビや雑誌、WEB媒体などなどで多数紹介されているのでエンドユーザーの反響は後を絶たないのにもかかわらず、供給者である不動産会社、大家さんの理解がなかなか得られないのが実情です。(不動産業者でもないのに80物件超でもすごい数なのですがエンド反響数に対して物件が少なすぎるのです)

普通の物件かよい物件以外はなるべく関わりたくない。変わった物件には触りたくない。後の面倒は避けたい。そう考える不動産業者がやっぱり多いのだと思います。実績を見せてもなかなか賛同していただけないことにジレンマを感じているとのこと。

「猫付マンション」は建築時から1棟丸ごとそうなわけではなく通常の物件(部屋)も混在してたりします。端的に言えば「保護猫をつけるかどうか」だけですから、大家さんがその気になればいつだって空室分を「猫付マンション」にできるわけです。実際に「猫付マンション」だと知らず入居した普通の人が客付業者から何も聞かされておらず、後から知って猫を希望されたというケースもあるそうです。(客付業者は面倒を避けた)

どうせペット可にするならば、東京キャットガーディアンと提携して「猫付マンション」にしてしまえばよいのです。これだけ人気なのですから、AD積んでもまだ空室よりははるかにましです。
そしてなにより、大家さんは「猫付マンション」のオーナーとして社会貢献活動に参加することもできます。ソーシャルビジネスマンの仲間入りです。カッコいいです。不動産投資のお金ギラギラなイメージをガラリと変えることができます。「猫たちを1匹でも多く救いたいんだ!」と周りに吹聴してみましょう。もれなく「立派な人だ」と言われ思われて幸せな気分にひたれます。キャバクラとかでもモテまくりです。たぶん。

仔細は勉強会が定期的に開催されています。次回は2015年12月20日15時~ですので、ぜひ行きましょう。

名称未設定-2

>>画像引用元「猫付きマンション対応可物件とは?」

 

▽「猫付シェアハウスとは」へ続く

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る