不動産事業で猫を救う ~東京キャットガーディアン訪問(3/3)

ペット可物件・猫付物件に特化したポータルサイト「しっぽ不動産」

当FDJオンラインでも紹介するきっかけとなったのは、たまたま見つけた「しっぽ不動産」からでした。
>>「保護猫を不動産で救うステキなポータルサイトを発見!」(FDJオンライン)

たまに見かけるペット可物件のポータルサイトかとおもいきや、猫の保護団体が運営していて、しかも保護猫をつけた賃貸物件というところに強く惹かれました。すごいな、よくぞ考え実行したな、と。

普通、動物好きのオーナーでない限り、不動産投資においてはペット可物件とは入居率の落ちた物件などが行うもので、それは「仕方なく」というネガティブな面があります。できることならノーマルで貸して、できることならノントラブルで、できることならクレームはもとより原状回復も少なめでやっていきたい、という心情がほとんどであろうと思います。

しかしながら、上記にご紹介したように、保護猫つきの物件は基本満室経営であり、クレームどころか喜びの声だらけ、原状回復どころか出て行く人がいない状態となっています。

そんなにおいしい状態ならば、捨て猫を自分で拾ってきて、自分で猫付にしてしまえば話が早くてコストもかからない、と思う方もなかにはいるかもしれません。しかしそれは実に短絡的です。保護猫の状態確保(避妊手術・ワクチン投与・健康診断等)、日々のケア、万が一のときの相談場所、もろもろのサポート、などを考えると単純に捨て猫を拾ってくるだけでは「猫付物件」としては運営が出来ません。それどころか、猫の状態や万が一の場合には強烈なクレームひいては訴訟にさえ発展しかねません。

東京キャットガーディアンで行っている「猫付マンション・シェアハウス」は、「保護猫」のしっかりしたケア保護猫団体がやっているというある種の信頼とブランディング団体によるサポートの厚さオーナー入居者双方の社会貢献意識と参加意識(満足度)などなどがうまく組み合わさるバランスの上に現状の大人気物件としての存在ができています。

このバランスを各所の協力を得ながら数年がかりで作り上げたのは凄いことだと思います。

 

名称未設定-1

適正な利回りを確保した上で5年間満室経営、退去者なし。
それどころか、入居希望者が列をなして待っている
そして、その列は長くなるばかり。これは実証された実例です。

世の中に不動産投資の「おいしそう」な話の本は売るほどあり、その手の広告などは見るのもいやなほどあります。
そして投資の世界は多くの人が失敗するのが世の常です。不動産もまた例外ではありません。
不動産投資の場合、これからの少子高齢化の深刻化と人口減は確実な未来ですので、投資本があおるほどばら色の未来ではありません。

そんな中で、保護猫付不動産物件はとてもよい差別化の思索ではないかと思われます。
物件をお持ちで空室にお困りの方、安定運用を目指したい方には一考の価値があると思います。

なお、「しっぽ不動産」は、猫付物件ばかりではなく、ペット可物件(表現としてはペットウェルカム物件)のポータルサイトですので、ペット可物件の掲載が可能です。現状では掲載料ではなく成功報酬になり、賃貸契約に至った仲介手数料から掲載料を支払う形となります。
反響はとても凄いとのことですが、成果報酬であるため契約後の申告は紳士協定となっており、掲載不動産会社のモラルが問われます。

 

猫を助ける仕事 以上、べた褒め過ぎて、ちょっと怪しげな記事に感じられた方もいるやもしれませんが、広告記事ではありません。
金銭的なつながり他、いまだ何の関係もありません。たんに取材してきて代表の山本さんの思いを聞き、ネット上の評判をしらべ、ユーザーの声を見、本を読み、ビジネスモデルを検証した結果、「やっぱスゲーな」と心より思った次第です。

不動産投資で社会貢献ってなかなかに面白い着眼点だと思います。
ぜひ、多くの不動産投資家の人に知っていただき、理解を得て、物件提供いただき、猫も団体もオーナーも不動産会社もそして社会もよくなっていけば、と願ってやみません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

>>東京キャットガーディアン

>>しっぽ不動産

 

 

ページ:
1 2 3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る