Mazda RX-VISION(次世代ロータリーエンジン搭載車コンセプト)at東京モーターショー見てきたよ

ロータリー復活

ロータリーエンジン搭載車復活への橋頭堡なるか

2015東京モーターショーも終わりかけ、情報も出尽くした今頃になってですが、行ってきました。
もう最終日付近なのに人の多いこと!多いこと!
日産のブースとかポルシェのブースとか人多すぎて見れなかったよ。

東京モーターショー2015

写真とっても人の頭ばっか写るわ!前のやつはかがめ!
ま、写真も取り捲りましたが膨大すぎるし、今更感もたっぷりだし、とりあえずは、今回の東京モーターショーの目玉と個人的に勝手に定義する「Mazda RX-VISION」をご紹介します。

いわずと知れたロータリー復活のアレです。

観音開きの迷車RX-8で途絶えた、ロータリーの系譜、その復活ののろしとなるか、所詮コンセプトカーで終わるのかわかりませんが、次世代ロータリー車です!

rx-vision スペック

ロングノーズショートデッキ!
ホイールベースながっ!
タイヤもはみ出さんばかりでたいへんなことになってますね、、、。

最近の鼓動デザインの流れでマツダらしいアイデンティティを残した流線型。
低く獲物を狙うような姿勢は、7最終のFDに通じるところがありますね。

エンジンスペックは出てないようです。
ロータリーも水素にするとかいろいろ話しあって紆余曲折ですからね。
まだまだ試行錯誤が続いているのかもしれませんが、これで継続の方向性が決まったのは何より。
一時期社長がRXシリーズ復活はないと言ったとかなんとかのニュースもありましたしね。
まずはよかった、よかった。

 

筆者が免許取立てのガキの頃20年ほど前、まだ当時の若者は車文化でした。
というよりも、車がないとちょっと青春ヤバかった、といっても過言ではありません。
女の子をデートに誘えないわナンパもできないわ仲間の話についていけないわ、大変でした。
みんなこぞって安い中古車を買ったものでした。しかもスポーツカーが基本。
当時はみんなバイトしまくって、シルビアだとかFCの7とかZ31とか、そのあたりの2世代ぐらい型落ちした安い中古車を無理して買ったものでした。

その型落ち若者車の中でもとりわけ「早い」のが7でした。
軽い・早い、そしてエンジンのフィーリングがたらなくよい!
迷わず踏めよ、踏めばわかるさ!

SA/FCも名作ですが、とくに名機といえばやはりFD3S型ですよ。
性能はもちろんのことながら、何よりデザインが美しい!
今見てもぜんぜん色あせないすばらしいデザインです。
(当時のアンフィニ系はいいデザイン多かったけど・売れなかったけど…)

最初に乗った時はどうやって乗るのかわかんなかったなぁ。アレ?ドアの取っ手どこ??って。

ロータリーは燃費が悪いとか、メンテが大変(オイル交換とかシールとかもろもろ)とかいろいろありますけど、そんなことより大事なのは、載ってて楽しいか、うっとりするほど美しくて一緒にいられる喜びがあるか、ってことですよ。
自分が楽しむと同時に乗ってカッコもつけるわけだから、実用性を優先順位においてはいけない。速さとかっこよさが第一だ。
ご時勢柄、燃費云々もあるでしょうけれども、まずは走りの楽しさ、他では味わえない「走る喜び、その躍動感」を大事にしてもらいたいと、あの頃の少年は思うわけです。

今回のMazda RX-VISIONは、デザイン的にも今のマツダをまといながらもFDの系譜を引き継いでいるように思えて好ましいと思いました。

まだ実働はしないんでしょうけどね。
乗って楽しいフィーリング。それと、価格。やっぱりあーだこーだ言っても売る(存続の)ためにも環境性もクリアしてもらって、早く市販化にこぎつけてほしいですね。新NSXもようやく出るみたいですし。

それと、なにより、若者がほしくなるような、そして若者に手の届くような価格帯で、を希望します。
みんなお金ないしね。あ、オッサン世代もか。
高級車ではなくて、みんなが買いやすい、手の届くところにいてほしいなって思います。

カープもがんばってるしね!マツダがんばれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る