【家賃に関する実態調査】(値下げ交渉・アップグレード住み替え・滞納・給料の3分の1を意識について)を「いえらぶGROUP」が発表

  • 2015/12/6
  • 【家賃に関する実態調査】(値下げ交渉・アップグレード住み替え・滞納・給料の3分の1を意識について)を「いえらぶGROUP」が発表 はコメントを受け付けていません。
FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

家賃値下げ交渉経験ありは39%、家賃滞納経験ありは14%

不動産業界に特化のインターネットサービスを提供する「株式会社いえらぶGROUP」は、2015年12月3日、全国を対象とした「家賃に関するアンケート調査結果」を発表した。

家賃値下げ交渉経験ありは39%、収入により部屋のグレードアップしたい男性は35%女性では31%、家賃滞納の経験ありは14% 、給料の3分の1の家賃を意識して部屋探しをしている人が74%、という結果になっている。

調査結果の概要は以下の通り。

■家賃の値下げ交渉をしたことがある人は39%
「家賃の値下げ交渉をしたことがありますか? 」というアンケートを行った結果、 「はい」と39%の人が回答しました。災害などで生活に支障が出ると、家賃交渉が成功する見込みが高いと踏んでいる人もいるようです。
(アンケート詳細ぺージ:http://www.ielove.co.jp/column/hatena/00380/

■稼ぐ額によって部屋をグレードアップしたいという男性が35%、女性では31%
「稼ぐ額に応じて、賃料の高い(今よりも条件のいい)部屋に住みたいですか?」というアンケートを行った結果、男性の35%、女性の31%の人が「住みたい」と回答しました。やはり家は疲れを癒すための癒しの空間なので、それなりにいい部屋に住みたいと考える人も多いようです。
(アンケート詳細ぺージ:【男性】http://www.ielove.co.jp/column/hatena/00875/
            【女性】http://www.ielove.co.jp/column/hatena/00883/

■家賃を滞納したことがある人は14%
「家賃を滞納したことありますか?」というアンケートを行った結果、14%の人が「ある」と回答
しました。自動引き落としができていなかった、入院していたなど理由は様々あるようです。
(アンケート詳細ページ:http://www.ielove.co.jp/column/hatena/00620/

■給料の3分の1の家賃を意識して部屋探しをしている人が74%
「部屋の家賃は給料の3分の1迄におさめるのが妥当といわれますが、部屋探しの際、それを意識しますか?」というアンケートを行った結果、 「はい」と74%の人が回答しました。できるだけ固定費を抑えたいという人が多いようです。
(アンケート詳細ぺージ:http://www.ielove.co.jp/column/hatena/00217/

~いえらぶGROUPリリースより

この調査、上記の関連リンクをクリックしていただくと詳細ページに飛びますが、よく出来ています。

調査結果のほか、調査ユーザーの声を拾い上げています。
たとえば、家賃交渉の項については、「本当は値下げしてもらいたいですが、言い出す勇気がないです。トラブルになっても嫌だし。」「値下げ交渉すれば家賃って値下げしてくれるものなのですか?それ自体知らなかったです。」などの声がありました。

そのた、調査結果のまとめや回答コメントの全記載もあり、なかなか見ごたえに富んでいます。

これらは、いえらぶグループのオウンドメディア「いえらぶコラム」に格納されています。
オウンドメディアとは企業自らが所有するメディア(媒体)のことです。
昨今、不動産ポータルサイト各社も本筋である物件情報だけでなく、自らも業界紙的なWEBサイトをもちアクセスおよび世間の関心を集めようとしています。

それにしても「家賃の値下げ交渉をしたことがある人は39%」けっこういるものですね。
企業の場合はいざしらず、個人の場合はあんまりないのかと思ってました。意外です。

空室高まる昨今、若者がいなくていまやアルバイト募集だってなかなか埋まらない時代。
まさに買い手市場の具現化されたような調査結果でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る