サクッと読んで把握!先週の不動産業関連「注目記事」(2015/11/29~12/05)

FDJ weekly まとめ

年末らしく、これといった動きもない1週間

さて、先週はまとめをやってませんでしたら「ニュースまとめを読ませてくれよ、あれはいいものだとのお声をいただきました。大変ありがたいのです。しかし、不動産ネタでおもしろいのってそうは頻発しませんので難しいのです…。月間まとめにしたほうが良いかなとかおもってます。

さて、はじめましょう。

今週の大きな話題としては、1つ国内初!ネットで完結する住宅ローン借り換えサービス登場:じぶん銀行12月1日よりです。

ようやく、ネットで完結するような住宅ローンサービスが出てきました。証券はネット取引が始まってもはや久しく、いまではFX/先物取引などあらゆる金融がネットで取引されていますし、マネーが電子化した現代社会では一瞬で巨額のお金が地球を駆け巡りる世の中です。

そんな中で、銀行だけはかたくなに旧来型の商習慣を保ってきましたが、セブン銀行やネット銀行およびネットバンキングなどの台頭もあり、徐々に時代に対して柔軟になってきています。週末営業強化など。>>首都圏の金融機関、週末営業広がる(日本経済新聞)

そんな中で、「住宅ローンの借換え」からとはいえ、じぶん銀行が住宅ローンをネット完結させるサービスを開始したのは、新たな時代への大きな布石になるのではないでしょうか。不動産取引慣習の変化だけでなく、今後、迫りくるIT企業の不動産業進出にあたっては、ソニーや楽天といった金融コングロマリットによる新たな顧客囲い込み戦略なども考えられます。(注・不動産物件の囲い込みではない)

じぶん銀行による住宅ローンのネット対応はそれだけ意味の大きなものだと思います。

 

調査結果もいくつか発表されたりしましたが、地価上昇がまだ続いていたり、マンションバブル崩壊の予兆かみたいな報道も出ていましたね。

>>まだまだ上がる地価:平成27年第3四半期「地価LOOKレポート」国交省公表>>マンションバブル崩壊か?!のニュース一覧

相場の話は、真に受けるより少しはナナメに見ておいたほうが無難なのは人類の英知ですが、高値付近であることは間違いないでしょう。来年はじけたりしないとよいですね。オリンピックまでは下がっても暴落まではないとは思いますが。

 

また、注目すべき調査としてはこちらのニュースなどもあります。
「住宅を所有したい人74.9%、新築住宅63.0%、依然持ち家・新築信奉傾向は続く:内閣府「住生活に関する世論調査」発表」

依然「住宅所有欲は強く、新築信奉が強く、老後は家がいい」という、何と申しますか、みんなが思っているような形となりました。
前回調査に比べて「所有したい」が数%減り、「所有する必要はない」が数%上昇していますが、それをもって所有したい人がへった!新築人気にかげり!みたいな報道もありましたが、住宅所有欲・できれば新築がいい、というのは人の根源的な欲望であり、それが逆転することは、たぶんないのではないでしょうか。

 

その他、不動産がらみとしては、ダイヤモンドさんのほうで中国マネーが、という報道もあり、海外でも不動産の中国人によるいわゆる爆買いが話題になってましてこちらはちょっと日本人としては怖いな、という感想です。

 

さて、不動産がらみのほか、というか不動産も絡みますが、先週末から今週末にかけて取材に行ってきた下記の記事が好評を得ました。

>>ソーシャルビジネスで猫を救う、奇跡の団体 ~東京キャットガーディアン訪問(1/3)

>>保護 猫カフェに行ってきた ~東京キャットガーディアン訪問(2/3)

>>不動産事業で猫を救う ~東京キャットガーディアン訪問(3/3)

保護猫した猫を不動産で救う、という新しい発想。新しいというかすでに5年前からおこなわれてすごい実績を残しているのになかなか不動産業者・物件オーナーの理解が得られずまだまだ、、といった状況をリポートさせてもらいました。人気ですのでまだ読んでない方はぜひご一読ください。

 

以上、のような一週間でした。

あ、10年後になくなりそうな仕事、なんてのも話題になりましたね。

 

2015年もあと3週とちょっと。はやい。もうはやいよ、みなさん。

忘年会でお忙しいシーズンかと思います。
付き合いはとても大事ですが、お体壊さないようお気をつけください。

ラストスパート、がんばっていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件たくさんポータルサイト
不動産営業ツール

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る