開始約1ヶ月:ヤフー×ソニー不動産の売主直売「おうちダイレクト」のいまってどうなってるの?

ソニー不動産・ヤフーのいま

1ヶ月ほど経過した「おうちダイレクト」物件数減・クオリティ劣化…

今年注目のヤフー×ソニー不動産の「おうちダイレクト」開始から1ヵ月半が経ち、実際に物件掲載を始めてからちょうど1ヶ月ほど経ちました。

当初、21件から始まった物件掲載も、12/15現在では16件になってます。増えてないどころかちょっと減っちゃいましたね。
あれだけ話題になり、リアル・WEB問わずニュースメディアに取り上げられ、ネットでも話題になったのに、いくら年末閑散期とはいえこれはちょっと、、、、。

さらに、当初そのクオリティにおどろいた物件情報も残念ながら劣化しています。

たとえば、下記の物件は情報のクオリティが高いですですが、、、

>>ザ・パークハウス新宿御苑西

>>東京ミッドベイ勝どき

>>オープンレジデンシア銀座est

これらは当初からあった物件なのかな?非常にクオリティが高い。オープン時はそりゃ気合入れてショーケース的な物件情報をそろえるでしょう。それらを売主が直で全部やったとはちょっと考えにくい。たぶんスタッフがそろえたことでしょう。

対して、実際にユーザーが入力を始めるとどうなるのか。下記のような感じ。

 

>>エスコートノヴェル南麻布

>>芝浦アイランドケープタワー EASTWING

>>グラーサ白金高輪

売主(物件オーナー)が実際に入力したのか、よくある物件情報入力(業務)のノリでソニー不動産の営業マンがやったのかはもちろん不明ですが、上記の3つに比べるとクオリティ劣化が著しいのが一目瞭然です、、、。

正直なところ、ほんとに「売りたい」思いに駆られると、不動産会社の簡素な物件入力などよりはるかにがんばって入力するかと思いました。
そしてそれが不動産業者が情報をもっと大事に扱う業界進化へのきっかけになるかも?とひそかに期待しましたが、しかし、正直「こんなもんか…」と肩透かし・期待はずれの感が否めません。(とにく当初のものがとてもよかったため)

 

掲載物件数の減少、物件情報の劣化、、、今後、どうするんでしょう?

 

当初、ヤフー不動産トップ画面でも右サイドカラムにドーンと出ていた縦長バナーもいまや見かけず、上部メニューの右端に目立つように「おうちダイレクト」の文字リンクはありますが。

おうちダイレクト
2015/12/15画面キャプチャ

 

 

売主直売型ということでさまざまなメディアに肯定的に取り上げられ、ソニー不動産の投下する広告費とともに、世間での注目度も急上昇しました。
評価としては、不透明な不動産業界事情や、業界イメージも相まって、ネット上でも賛成の声が非常に高い感じ。対して不動産業界では実質ソニー不動産の囲い込みじゃないか、とかレインズにも載せず客付けさせないのは売主にとってほんとによいことなのか?などなど批判的な意見が多いように見受けられました。

ただ、最終的にはエンドに支持されたところが生き残るのが資本主義の宿命、業界がいかに反対したり蔑視したりしても、ユーザーの支持にはかないません。
しかし、そのユーザーに見えないほんとに大事なところは、商売の信念としてしっかりと担保しておかなければなりません。
このあたり、今後「おうちダイレクト」がどのように進化していくのか注目です。

 

とりあえず、現状では成功とはいいがたい。むしろあれだけ話題になって、しかも日本最大のポータルサイトが展開したことを鑑みると失敗といえる。
ただし、あくまで外から見た評価にすぎないので、ひょっとしたら内部では想定内なのかもしれません。
来年には地域や取引種別も広がり大成功するやもしれません。まだまだ壮大なロードマップの端っこなのかも。

どうなることでしょう「おうちダイレクト」さんにもよいお年を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件たくさんポータルサイト
不動産営業ツール

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る