嵐・EXILEライブで合法民宿実験@福岡市

FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

宿不足の福岡で合法民宿への実験スタート

いろいろ物議をかもしている民泊ですが、福岡市は今月8日に嵐とEXILEのライブがある12月の5日だけ限定的に民泊を認めることを発表しました。福岡市は観光絶好調につき、宿不足が深刻であり、それにそなえての取り組み。

~福岡市「宿泊施設の不足が見込まれることに伴う試行的取組みについて(募集)」

宿泊施設の不足が見込まれることから,福岡市の試行的な取組みとして,この期間に限定し,福岡市内のご自宅を宿泊施設としてご提供いただくよう要請したいと考えております。その要請を受けて提供されるご自宅は,平成27年7月1日付の厚生労働省事務連絡により,宿泊料を受けて人を宿泊させても旅館業法の適用外となります。

またこれに乗っかる形で「とまりーな」というサイトでも合法的な民泊特設ページを開設しています。

~とまりーな「民泊で楽しむ全国のイベント」

なお、福岡市における民泊の実施は、厚生労働省の見解に基づく試験的取組として実施するものです。特集ページにおいては、福岡市が要請した施設のみを掲載しております。

さて、上記のような流れで、福岡市で17日「嵐」の3夜連続コンサートがスタートしたわけです。
全国からファンが殺到、その結果、民泊はどうなったのか、どう稼動したのか、福岡は?ということで、西日本新聞がリポートしています。

福岡市お試し民泊の効果は? 「嵐」公演初日、ファンの本音

福岡市で17日、人気グループ「嵐」の3夜連続コンサートが始まった。ファンがメンバーに注ぐ熱い視線に負けず劣らず、市も自ら導入した新たな試みの成否を注視する。中国からの「爆買い」観光客の増加もあり、市内のホテルは週末まで軒並み予約が困難な状況。市は今回、個人宅に有料で客を泊める「民泊」を認める異例の判断に踏み切ったのだ。ただ、供給不足の解消にはほど遠く、宿が決まらないまま会場に駆け付けたファンも目立った。

上記記事によると、民泊のホスト世帯は13件のみという結果。そしてその後民泊がどれだけマッチングしたかは市は把握していないというぶんなげ感満載の結果に。
上手くいかなかった、というより、失敗ですねこりゃ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年12月6日 fdj-today 2017年12月5日
    ■■リクルート住まいカンパニー /「2017年 注文住宅動向・トレンド調査」を実施(2017/12/5) ●注 […]
    fdj2-today
  • 2017年12月5日 fdj-today 2017年12月4日
    ■■国土交通省/「第4回住宅瑕疵保険制度のセーフティネットに関する検討会」を開催(2017/12/2) ●12 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る