空き家と民泊に関する意識調査の結果

FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

建設業界に特化した人材派遣・紹介サービスの(株)エヌ・アンド・シー「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」を1月28日に発表した。(調査は、2016 年 1 月 13 日~1 月 15 日の 3 日間、東京圏・大阪圏に住む 20 歳~59 歳の男女2,000名を対象として実施)

大枠の概要は以下の通り

【有効な空き家・空きビルの再生法とは?】

「自宅の近隣に空き家がある」3人に1人
近隣に空き家・空きビルがあると心配なことは? 「ゴミの不法投棄」と「空き家・空きビルの放火」が4割

「空き家・空きビルの活用は街の魅力を高めると思う」8割弱

「空き家・空きビルはリノベーションして活用すべきだと思う」8割
「空き家・空きビルは更地にして活用すべきだと思う」7割

空き家を活用して建築して欲しいものは? 1位「飲食店」 2位「コンビニ・小型スーパー」 「習い事教室」や「学童保育所」は子どもがいる女性の4人に1人が回答

 

【民泊サービスに対する意識】

「最近1年でホテルの予約が取れなかったことがある」出張族の4割弱がホテル難民を経験

「大阪府で民泊条例が可決されたこと」認知率5割、大阪圏での認知率は5割半
「東京都大田区で民泊条例が可決されたこと」の認知率は?

「民泊の貸し手になること」5人に1人が興味あり
「宿泊者として民泊を利用すること」出張族の3人に1人が興味あり

女性の民泊先選びでは「料金」や「立地」より「キレイさ」が重要と判明!
女性が民泊したいところ 1位「部屋がキレイ」 2位「トイレやお風呂がキレイ」 3位「安い」 20代女性は「安さ」も民泊先選びで重視、「おいしい家庭料理」が楽しみなのは50代女性

 

【一度は泊まってみたい芸能人の家は?】

民泊できるなら泊まってみたい芸能人の家 1位「タモリさん」 2位「明石家さんまさん」 3位「所ジョージさん」 4位以下で男女差 男性4位は「木村拓哉さん」、女性4位は「GACKTさん」

 

「東京圏・大阪圏に住む20歳~59歳の男女に聞いた 「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」(PDF)」より

 

昨年から「空き家・民泊」が大きな社会問題としてクローズアップされ続け、議論もさまざまに割れています。
そんな中でのタイムリーな調査発表です。

民泊についてはマンション住民をはじめ反対派が多く、利用規約などで禁じようという動きが既存マンション・新築マンションともに活発化してきましたが、本調査を見る限り、「泊まり手・利用者」あるいは「自ら貸し手」としてはみんな興味津々ということが伺えます。

本調査であるように「最近1年でホテルの予約が取れなかったことがある」出張族の4割弱がホテル難民を経験 」という項目は、出張のある人、あるいは旅行計画を直近で立てる人によっては経験図美奈子とが多いかと思います。筆者は都内で主に仕事しますが、飲み会が続いた12月は帰宅がしんどいので近くのホテルやネットカフェに泊まろうとしたところだめだったということを経験しましたし、急な出張で宿が取れず宿所だけ近隣県に求めた、なんてこともありました。

訪日外国人は昨年過去最高の1973万人、今後は3,000万人を目標とするそうです。つまり、宿は今後もますます足りなくなる計算です。急進する宿泊需要にたいしてホテル業界なども新規開業所もありますが、所詮オリンピックまでという見方も少なくなく増床に積極的かといえばそうとも言い切れない現実があります。宿泊施設は初期投資が大きく投資回収期間も長めなためいまこの瞬間に需要が伸びてるからといって対応するかどうかためらうところでしょう。実際にホテル業界はバブル・リーマンショック等での苦い経験がありますし、その際に好景気時に投資した建物等のハード面が重荷になったケースは少なくありません。

そうした影響なのか、ホテル業界が値上げに走って、調子に乗ってる様もネット上で話題になり始めました。
こうした記事を見ると、本誌も民泊には懐疑的でしたが、民泊もいいんじゃないか?とも思えだしました。

弁護士「アパホテル行ったら普段の3倍値上げされて悲しくなった。もう使わねーわ」©2ch.net

出張族ご愛用アパホテルが1泊3万円!?「客はいる。嫌なら他のホテルを」客商売と思えぬ開き直り

 

空き家も上手く活用し、宿泊施設も民泊も、上手く両立できるようになるとよいですね。なかなか難しいかもですが…

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る