ヤフー「おうちダイレクト」成約ゼロがネットで話題

  • 2016/2/29
  • ヤフー「おうちダイレクト」成約ゼロがネットで話題 はコメントを受け付けていません。

昨年から不動産業界を中心に話題をさらっている「おうちダイレクト」ですが、日経新聞はじめ「成約ゼロ」が報道され、それにたいしてネットで話題になっています。
よしあし別にして、鳴り物入りではじめられた同サービスも現在はまだ苦戦中とのこと。

話題沸騰も成約「ゼロ」、ヤフーの不動産フリマ(日経新聞)

個人がインターネットを使ってマンションの売買をすることができるサイト「おうちダイレクト」を手掛けるヤフーとソニー不動産(東京・中央)。仲介業者頼みの現状に風穴を開けられると注目を集めたが、サービス開始から3カ月がたって成約に至ったケースはない。春商戦に向けて知名度の向上に必死だ。

2ちゃんねるでもやっぱり批判的な様子。やっぱり、ネットの声は鋭い。

【IT】ヤフーの不動産フリマ、未だに成約ゼロ 消費者に魅力も高いハードル

「不動産みたいにでかい買い物をするときには責任の所在がしっかりしてないとな
ノークレームノーリターンとか、しゃれにならん」

「つーか高値で売りたいタカピー物件ばかりだから
高値で買える人はそもそも正規で仲介を入れるので制約し無い
安い物件はニーズがあるけど、そう言うのは責任問題が曖昧で扱え無い
つまりサイトにあった売り手と買い手が居ないんだよ」

「これ、売主にはメリットあるけど買い手にはなんのメリットも無いよね?
買う側は同じ額を支払うなら普通の不動産のほうが良いだろ・・・」

 

 

Σ(゚Д゚;)す、するどい……

 

そうっすね。不動産営業で3タコ食ったら、いい大人だけどバイトみたいにバックレたりする人けっこういるよね。

 

やっぱり長島さんはインスペクション押し。

セミナーは開催しているみたいですが、そもそもウェブサービスなのにセミナーとかいう手法がもうアレな感じもしますが、なんにせよ、もはやセミナー開催では追いつかないと思います。
ヤフーやらソニーやら日本人ならまず知らない人はいないレベルの会社がほぼすべてのメジャーなマスメディアで報道され広告打ちまくってこの結果ですから、広告というレベルでは解決できないと思われます。

 

そうだよね、このままだとね。

 

ソニー不動産は3年で上場・5年で売り上げ500億という構想を掲げてはいますが、初年度は3億の赤字。人員増強および広告出向増大で経費のかさむ今期は大逆転できるのでしょうか。

 

FDJオンラインは不動産業界紙であり、既存不動産業界の方々の味方がスタンスですから、どうしてもこのヤフーのような破壊者については批判的なニュアンスの論調にならざるを得ません。フリー・フェアで行われるならまだしも、昨今囲い込みが問題になっている状況での囲い込みもどきはどうしても素直に受け入れることはできません。不動産業界団体すら激怒するような事態であります。

ただ、やはり業課の発展やそれにともなう社会の進展は、既存業界に対する挑戦者≒破壊者がつくってゆくのもまた事実であり、「おうちダイレクト」を全否定するものではなく、反面的には新しい挑戦を応援もしています。けっこう強引な矛盾への弁明ですが。

失敗は成功の母ともいいますし、巨大資本のヤフーソニー両者がこれほどで傾くわけでもないでしょうし、紆余曲折・試行錯誤しながらよりよい日本の不動産の未来を作ってもらえれば、と願ってやみません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る