坂本龍馬の定宿・京都伏見の寺田屋に行ってきた!2016春

龍馬が寺田屋で襲われたそのとき!!

 

さて!この階段!!

-=≡ヘ(* – -)ノ¨ ドドド!!!

寺田屋 おりょうが駆け上がった階段2

-=≡ヘ(* – -)ノ¨ ドドド!!!

寺田屋 おりょうが駆け上がった階段3

mm9( ゚Д゚) ドーン !!!

寺田屋 お龍さんのお風呂

 

そう!寺田屋事件のとき、龍馬へ危機を知らせにお龍さんが裸で駆け上がったあのお風呂と階段です!!

 

再建築物ですけどね。

Σ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ

 

 

さて、おふろの対面は坪庭になってます。京都町家にはこういう坪庭あるよね。いいかんじ。

寺田屋の坪庭

坪庭の上の景色(2Fから)

寺田屋2Fからの風景

 

 

さて、お風呂から玄関に戻る部屋はというとこんな感じ。

上からの視点と下からの視点。

寺田屋1F居間寺田屋 1F居間(下からアングル)

部屋の過度には寺田屋当主と有名人の記念写真などが。

寺田屋の主人

次の間には、龍馬本などのコレクションがいっぱい。メッセージ帳などもありますよ。

龍馬書籍コレクション 板の間

そして、鴨井には、若き日のあの人も。やっぱり龍馬といえば武田鉄矢。

武田鉄矢と寺田屋主人 

さらに次の間が最後の部屋。囲炉裏があります。

寺田屋の庵

下から見た図。写真は全部スマホでとってますが、下から置いて撮りました。

寺田屋の庵(したアングル)

玄関(ゴール)

 

以上で寺田屋終了です。お疲れ様でした。ここまでご覧いただきありがとうございました。
再建築物であって、リアルではないし、一部の歴史ファンからはインチキだと嫌われてるし、京都市からも注意を受けたりもしてます。
しかし、十分に古い建物ではありますし、リョウマリョウマしててなかなかおもしろいです。当時の京町家の雰囲気を味わいながら、幕末に思いをはせつつ楽しんではいかがでしょうか。

今回は行きませんでしたが、近くには立派な酒蔵もあったりして伏見は魅力的な場所でもあります。酒どころなので日本酒がおいしいです。酒蔵直営の酒場などもありますよ。

いろいろ思いもあろうかと思いますが、歴史ファンとくに幕末ファンならば、一度は行くべき場所だと思います。

 

最後に、寺田屋へつづく道のご紹介です!

ページ:
1 2

3

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る