【平成28年度住宅市場】不動産・建築等65.3%の住宅事業者が受注増を見込む

FDJ不動産ニュース

住宅支援機構が「平成28年度における住宅市場動向について」を発表した。
この調査は、住宅事業者、一般消費者sおよびファイナンシャルプランナーの三者に対し、今後の住宅市場に関する事故についてアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめたもの。

調査によると、平成28年度の受注・販売は「平成27年度と比べて増加」を見込む住宅業者が63%と最も多くいることが分かった。24.8%の事業者は同程度と見込んでおり、減少と見込んだ事業者は9.8%にとどまった。

その理由としては、消費税率引き上げ前の駆け込み効果が84.6%と最も多く、次いで住宅ローン金利の低水準が67.7%となっており、「消費税駆け込み」「低金利」が二大要因となっている。

 

不動産建築等住宅市場の平成28年度業績見込み

住宅着工戸数推移

データの仔細は、以下からご覧いただくことが可能です。

>>「平成28年度における住宅市場動向について」

>>「住宅市場動向調査」(住宅金融支援機構)

 

>>【平成28年度住宅市場】一般消費者の61.9%が「不動産は買い時」へつづく

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る