建築着工統計調査報告(平成28年3月分)を国交省が発表。

FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

28日、国交省は「建築着工統計調査報告(平成28年3月分)」を発表した。

それによると、平成28年3月の住宅着工戸数は75,744戸で,持家,貸家及び分譲住宅が増加 したため,全体で前年同月比8.4%の増加となった。
利用関係別にみると、実数値では、前年同月比で持家、貸家、分譲住宅ともに増となった。また、季節調整値については前月比で持家、 分譲住宅が増、貸家が減となった。
住宅着工の動向については、平成26年4月の消費税率引上げ に伴う駆け込み需要の反動の影響からの持ち直しが見られた後、 前年同月比で横ばいの傾向となっていたが、足下では3か月連続 での増加となった。引き続き、今後の動向をしっかりと注視していく必要がある。

新築着工戸数

 

1.総戸数

○新設住宅着工戸数は 75,744戸。 ・前年同月比 8.4%増, 3か月連続の増加。
○新設住宅着工床面積は 6,153千㎡。 ・前年同月比 6.2%増, 2か月連続の増加。
○季節調整済年率換算値では 993千戸。 ・前月比 2.0%増, 3か月連続の増加。

 

2.利用関係別戸数

①持家
○持家は 22,274戸(前年同月比 4.3%増, 2か月連続の増加) ・民間資金による持家は 19,555戸(同 2.2%増, 4ヶ月ぶりの増加) ・公的資金による持家は 2,719戸(同 22.9%増, 13か月連続の増加) 民間資金による持家が増加し, 公的資金による持家も増加したため, 持家全体で増加となった。

②貸家
○貸家は 30,572戸(前年同月比 1.1%増, 5か月連続の増加) ・民間資金による貸家は 27,533戸(同 2.4%増, 5か月連続の増加) ・公的資金による貸家は 3,039戸(同 9.7%減, 2か月連続の減少) 公的資金による貸家は減少したが,民間資金による貸家が増加したため, 貸家全体で増加となった。

③分譲住宅
○分譲住宅は 22,125戸(前年同月比 26.0%増,2か月連続の増加) ・マンションは 11,290戸(同 49.0%増, 2か月連続の増加) ・一戸建住宅は 10,678戸(同 8.0%増, 5か月連続の増加) マンションが増加し,一戸建住宅も増加したため,分譲住宅全体で増加となった。

 

3.地域別戸数

○首都圏 総戸数(前年同月比 4.6%増) 持家(同 1.0%減),貸家(同 6.6%減), 分譲住宅(同 24.0%増) うちマンション(同 54.8%増),うち一戸建住宅(同 0.6%減)
○中部圏 総戸数(前年同月比 7.8%増) 持家(同 9.2%増),貸家(同 15.7%増), 分譲住宅(同 3.1%減) うちマンション(同 32.3%減),うち一戸建住宅(同 22.3%増
○近畿圏 総戸数(前年同月比 9.4%増) 持家(同 4.9%増),貸家(同 6.9%減) 分譲住宅(同 30.6%増) うちマンション(同 66.8%増),うち一戸建住宅(同 3.4%減
○その他地域 総戸数(前年同月比 11.6%増) 持家(同 4.9%増),貸家(同 8.0%増), 分譲住宅(同 42.3%増) うちマンション(同 70.0%増),うち一戸建住宅(同 27.0%増

4.その他

○建築工法別 ・プレハブは, 10,941戸(前年同月比 5.6%減, 3か月ぶりの減少) ・ツーバイフォーは, 9,553戸(前年同月比 6.9%増, 2か月連続の増加)

 

【引用元】※仔細は下記からご覧いただけます。
建築着工統計の集計結果はこちら (政府統計の総合窓口(e-stat))

住宅着工統計の集計結果はこちら (政府統計の総合窓口(e-stat))

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る