7月の住宅ローン金利は過去最低!金利低下はさらに再加速化?!

  • 2016/7/14
  • 7月の住宅ローン金利は過去最低!金利低下はさらに再加速化?! はコメントを受け付けていません。

下がり続ける住宅ローン金利、その実態について、全国750金融機関、16,000の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」を手がける WhatzMoney株式会社が、全国750金融機関の住宅ローン金利状況を調査し、公開いたしました。

調査概要は以下の通り

  1. 10年固定金利型の主要銀行(ネット銀行・都銀・信託・地銀 76行)の金利動向は、10年固定金利型の平均金利で、1.011%と前月比0.014%の金利低下【図1】。長期金利低下の影響で10年固定金利は過去最低水準
  2. 変動金利型の主要銀行(ネット銀行・都銀・信託・地銀 76行)の平均金利は、1.004%と前月比変わらず。10年固定金利が金利引き下げの一方、変動金利は金利引き下げがなく、変動金利の金利水準は下限に到達か
  3. フラット35は、過去最低金利に。民間金融機関の長期固定金利プランの方が総支払額で安い場合もあるため、民間金融機関の住宅ローンも検討することを推奨
  4. 7月も最低金利は三井住友信託銀行の2年固定金利0.30%。北海道労金にも0.3%台の金利プランが!労金やJAの金利動向の確認もおすすめ

 

不動産住宅ローン金利、過去最低を記録(3)

不動産住宅ローン金利、過去最低を記録(2)

不動産住宅ローン金利、過去最低を記録(1)  

 

すでに住宅ローン金利も下弦の様相を呈してきました。低金利自体はもはや「時代」として長く続きましたが、日本がいかに安いかは米国と比較すれば明瞭です。

米住宅ローン金利、まだ低下余地はあるか(The Wall Street Journal)

10年物米国債の利回りは急速に下がり続けているが、住宅ローン金利はそれほど速やかには下がっていない。

 10年債利回りは今週初めに過去最低水準を更新し、8日午後のアジア市場では1.36%程度で推移している。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が7日発表した最新統計によると、30年物固定住宅ローンの全米平均金利は3.41%だった。両者の2%を超える金利差は、ここ数週間で拡大し2012年半ば以降では最大となっている。

米国の30年固定の平均はいまだ3,41%日本と比べるととんでもなく高い金利です。
日本のフラット35は最低金利が1%割れを超えました。

フラット35、21~35年の最低金利1%割れ 7月(日本経済新聞)

 住宅金融支援機構は1日、長期固定型住宅ローン「フラット35」の7月の適用金利を発表した。主力の借入期間21~35年(融資率9割以下)の最低金利は前月より0.17%低い年0.93%となり、過去最低を更新した。この期間の金利が1%を割り込むのは初めて。期間20年以下の最低金利も前月から0.14%下がり、過去最低の0.85%になった。

ちなみに、フラットを利用している世帯は大手のアルヒ発表によると年収300万以上~500万が中心層です。

住宅ローン【フラット35】の利用者を分析! どのくらいの年収で、どんな物件を購入した?(ARUHI:イエヒトマガジンより)

住宅ローン実態調査

加熱する住宅ローン市場、もはや下げ幅自体がキツくなっているいま、各行はこの先どのようなメリットを提示しエンドユーザーを獲得していくのでしょうか。今後も目が離せません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る