不動産情報流通の雄「アットホーム」が社長交代!

  • 2016/8/4
  • 不動産情報流通の雄「アットホーム」が社長交代! はコメントを受け付けていません。
FDJ不動産ニュース

不動産情報流通の雄「アットホーム」で社長交代が行われました。

>>アットホームい株式会社「社長交代のお知らせ」ニュースリリースより

不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区)は、過日開催された取締役会において、2016 年 8 月 1 日付で代表取締役社長の松村文衞が代表取締役会長に就任し、取締役社長に鶴森康史(つるもり やすし) が就任することを決定いたしました。

今回の経営体制の刷新により、アットホームは今後も全国 53,000 以上の加盟・利用不動産店の皆さまの業務に役立つ 商品・サービスを積極的に展開するとともに、消費者と不動産会社の橋渡し役として、より良い住まいとの出会いと不動産 業界発展のサポートに努めてまいります。

新たに社長に就任する者

鶴森 康史(つるもり やすし)

生年月日 1961 年 2 月 26 日 出身地 埼玉県

略歴

1986 年 3 月 アットホーム株式会社入社
2000 年 9 月 東京営業部 部長
2005 年 8 月 執行役員 首都圏営業部 部長 兼 営業推進部 部長
2006 年 6 月 執行役員 メディアソリューション事業部 部長
2007 年 8 月 取締役 メディアソリューション事業部 部長
2010 年 5 月 取締役 東京営業部、神奈川営業部、近畿・四国事業部 担当
2012 年 12 月 取締役 統括営業本部 部長 2016 年 6 月 取締役 営業本部 本部長

いまではホームズ・スーモなどとあわせて三大不動産ポータルサイトのひとつとして、かつてはファクトシートにひょる不動産物件情報の業者間流通として、まさに不動産業界のまさにカナメであるアットホーム。

1967年に横浜物件配布センターとして創業されてから、社歴は実に51年となります。
紙の時代からネット時代への移行も無事こなし、不動産業界では大きな地位を占めています。

少子高齢化が堅調になり、また、大手不動産会社のシェアが高まってきているいま。さらにはフィンテックならぬ不動産テックというテクノロジーを活用したあたらし模索も始まっており、ますますの環境変化を見せる不動産業界。

不動産業を側面から支援する巨大カンパニーがこれから先どのような新機軸を打ち出してくるのか、新社長はどのように時代に対応していくのか注目ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る