「らくらく楽天リフォーム」で楽天市場がリフォーム業界参入へ

  • 2016/8/6
  • 「らくらく楽天リフォーム」で楽天市場がリフォーム業界参入へ はコメントを受け付けていません。
楽天リフォーム

楽天がリフォーム業に本格参入しました。

国内最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」にて「らくらく楽天リフォーム」を開始、キッチン・浴室・トイレのカテゴリのうち、多種の商品が選べる。
対象商品は基本的に定額制にて展開。現地調査時まではキャンセルが可能キャンセル業は無料工事開始後に追加の料金は発生しないと明言している。

現状では、リンクが楽天市場内でも店舗展開している「ジュプロ(株式会社ライフワン)」「リリパ(ツゴーイークリエイションズ有限会社)」という会社などが担当する模様で、現状で各商品の「詳細を見る」とそちらに誘導されている。
これらのショップは以前から工事一貫で低価格でのリフォーム提供も行っているため、今回は楽天が独自にリフォームを始めるというよりは、部材提供のみならず施工も一貫してできるショップと提携した上で、工事や料金などのスキームを整えて提供する形。

なお、これらの店舗においてもすべて自前で施工を行っているわけではなく、工事は提携協力店を求めている。

 

国の既存中古住宅活用指針をうけ、リフォーム界隈がにぎやかになっている。すでにヤマダ電機などは店舗の大部分を割いてリフォームモデルを展開していたり、アマゾンジャパンではすでに「リフォームストア」を展開しており好評を得ている。ヤフーはリフォームはカテゴリとしては存在するが特別なサイトの形態はとっていない。価格ドットコムでは一括見積サービスを提供している。

リフォームといえば、不透明な価格が常に懸念される。施工を行うにあたって、現場の住宅の状況がひとつひとつ違うために一律に費用を算出するのがむつかしいという面もある。また、たびたび起こる詐欺事件やトラブルなどのニュースなどから、世間のイメージはけしてよいものではない。

しかしながら、知名度のある大きな会社や、ネットでの明朗会計を提示することによって消費者は「だまされる・ぼったくられる」などの不安を取り除くことができ、また施工工事についての安心感も感じることができる。

中小零細のリフォーム店にとっては、大きな企業と提携したインターネットショッピングモールが次々とリフォームを獲得していくことは大きな脅威となる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る