中古住宅購入時に最大50万円の改修補助金がもらえる?!

  • 2016/8/21
  • 中古住宅購入時に最大50万円の改修補助金がもらえる?! はコメントを受け付けていません。
FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

中古住宅購入時に、1件当たり最大50万円を補助する制度の創設、を決定したと日経新聞が報じています。
大賞は自己居住用かつ40歳未満。申請には専門家が住宅診断を受けていることが条件。
(申請はリフォーム施工業者が行い、工事代を安くする仕組み。)

全国820万個に達する空き家対策、若年層の住宅負担減(可処分所得増)などを狙っている。

 政府は中古住宅を購入する際に必要なリフォーム工事の費用を、1件当たり最大で50万円補助する制度を創設する。欧米に比べて少ない中古住宅の取引を活発にし、深刻になっている空き家問題の解消につなげる。対象を40歳未満の購入者に絞り、若年層が使えるお金を増やして個人消費を底上げする狙いもある。

24日に閣議決定する2016年度2次補正予算案の概要に、250億円の事業費を盛り込む。秋の臨時国会に提出し、成立すれば年内にも新制度が始まる。政府は少なくとも5万戸の利用を見込んでいる。

>> 日本経済新聞「中古住宅購入時に改修費補助 最大50万円

また、同記事によると、国交省は以下の対策も今後の予算概算要求に盛り込むとのこと。

 国土交通省は今月末に示す17年度予算の概算要求に、20年間で資産価値がゼロとみなされる住宅評価の見直しや、空き家の情報を集めて住みたい人に提供する「空き家バンク」の充実といった対策を盛り込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年12月6日 fdj-today 2017年12月5日
    ■■リクルート住まいカンパニー /「2017年 注文住宅動向・トレンド調査」を実施(2017/12/5) ●注 […]
    fdj2-today
  • 2017年12月5日 fdj-today 2017年12月4日
    ■■国土交通省/「第4回住宅瑕疵保険制度のセーフティネットに関する検討会」を開催(2017/12/2) ●12 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る