いまや賃貸物件探しは「ネットで探して」「現物(物件)は確認程度」が主流?!

  • 2016/9/7
  • いまや賃貸物件探しは「ネットで探して」「現物(物件)は確認程度」が主流?! はコメントを受け付けていません。
賃貸物件インターネット集客

株式会社リクルート住まいカンパニーは9月6日「2015年度の賃貸契約者調査の結果(2016年5月実施)」を発表した。

以下は調査結果の主な抜粋。

部屋探し時の利用情報源はPCサイトが利用率トップだが、2013年から10ポイント減少した昨年とほぼ同じスコアだった。一方、スマートフォンサイト・アプリ利用率の増加傾向が続く。

部屋探しを開始してから契約するまでの期間は、平均22.1日とここ3年で最も短い。また約8割の人が30日(1ヶ月)未満で契約をしている。

部屋探しの際の不動産会社店舗への訪問数は平均1.6店舗で、昨年より微減となっている。「0店舗(訪問していない)」は9.9%、「1店舗」は46.5%となっており、合わせると5割を超える。

部屋探しの際に、見学した物件数は平均3.1件。過去3年で最も少ない。見学数「0件(見学していない)」は10.2%となり、物件を見学せずに契約する人が年々増えている。

入居物件の家賃平均は83,787円と、過去3年で最も高い。契約の際に選んでいる物件の賃料が年々増加している。

通勤・通学時間は平均35.3分で、昨年と比べやや減少。「10分未満」が過去最も高い12.1%。利便性を求める人が増加していることがうかがえる。

●自宅で希望するインターネット通信環境は「もともと物件に付いている光回線など高速ネット通信(無料・家賃に込)」(36.1%)が最も多く、「ご自身で契約した光回線」(33.2%)が続く。

●現地を内覧しているような動画としてニーズが高いものは「部屋の中を実際に移動し、動線がわかる動画」(74.1%)、「リビング、各居室全体を映した動画」(62.8%)、「キッチンや水回りの設備を稼働させてる動画」(57.5%)がTOP3。

家賃が上がってもほしい設備は「エアコン付き」(73.1%)、「追い焚き機能つきの風呂」(68.7%)、「食器自動洗浄機」(66.9%)がTOP3。

本件はあくまで首都圏一都三県(東京・千葉・埼玉・神奈川)の賃貸物件探しなので、地方の状況とはやや傾向が違ってくるかもしれない。また、売買でもまったく行動は変わってくるかもしれない。

しかしながら、首都圏から普及していく行動や、若い賃貸ユーザーがその後の加齢とともに売買ユーザーになるのだとしたら、これらは売買仲介会社や注文建築会社にとっても参考になる調査であろう。

上記を見るに、いまや賃貸物件探しは「ネットで探して」「現物(物件)は確認程度」が主流となっている。部屋探しの平均期間は一か月未満。そして、ネットで選別された後、訪問する会社はわずか1~2店舗

賃貸市場ではもはやネットが主戦場と言って間違いないだろう。

 

選ばれる物件にも特徴が出てきている。

同調査では賃料が3年でもっとも高い83,787円ということだが、これには都市部ならではの偏りが見える気がする。都市部でも安い賃料は多いので、回答がハイスペックによっている傾向もある。しかしながら、反面、空前の空室率の中そうした物件が「選ばれている」とも見ることができる。

通勤時間や利便性はもとより、ネット回線完備、エアコン付き、追い炊き付き、食器洗浄機など、賃料よりも設備と利便性そして快適性の重視につよい潜在ニーズがあることが見て取れる。

 

同調査の仔細は下記PDFファイルからご覧いただけます。

>>株式会社リクルート住まいカンパニー「2015年度 賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査 (首都圏版)」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る