世界の不動産投資減速か?!、前年同期比5%減。日本は13%減に。

  • 2016/10/19
  • 世界の不動産投資減速か?!、前年同期比5%減。日本は13%減に。 はコメントを受け付けていません。
不動産相場減速

18日、総合不動産サービス大手の JLL(本社: 米国シカゴ)は、2016年第3四半期の世界の商業用不動産投資額を発表した。速報ベースで前年同期比 5%減の 1,630 億ドル2016年1- 9月の投資額は、前年同期比 8%減の 4,540 億ドルとなった。

また、日本の2016年第3四半期の投資額は、前年同期比13%減の78億ドル(円建てでは前年同期比 19%減の 8,870 億円)となった。2016年1月から9月までの投資額は前年同期比12%減の249 億ドル(円建てでは前年同期比 18%減の2兆7,900億円)となった。

2016 年第 3 四半期の世界の投資額は、前年同期比 5%減の 1,630 億ドルとなった。2016 年 1-9 月の投資額は、前年同期比 8%減の 4,540 億ドルとなった。

2016 年第 3 四半期のアメリカ大陸は、投資活動が回復し、前年同期比 2%増の 780 億ドルとなった。
EMEA の投資額は、前年同期比 16%減の 530 億ドルとなり、3 地域の中で唯一投資額が減少した。主な要因はロンドン市場の減速で、現地通貨で 30%減となっている。アジア太平洋地域の投資額は、前年同期比 3%増の 320 億ドルとなった。中国市場が活発だった一方、日本とオーストラリアは市場案件の不足により取引額は減少している。

日本の 2016 年第 3 四半期の投資額は、前年同期比 13%減の 78 億ドル(円建てでは前年同期比 19%減の 8,870 億円)となった。2016 年 1 月から 9 月の投資額は、前年同期比 12%減の 249 億ドル(円建てでは前年同期比 18%減の 2 兆 7,900 億円)となった。

日本国内の商業用不動産に対する投資意欲は国内外投資家を含め非常に高いものの、現実の取引市場での売り物件供給が減少しており、また市場に出たとしても売買当事者の希望価格の乖離により取引に至らないケースも見られている。マイナス金利導入以降、金融機関の貸出意欲は高まっており、物件保有者をしてリファイナンスを容易にせしめる環境もこれに影響を及ぼしているものと考えられる。

マイナス金利の恩恵をストレートに享受した J-REIT が再び取得額を拡大させており、第 3 四半期末時点で、年初からの全体投資総額の約半分を J-REIT が占める状況となっている。また、今後の市場成長が期待される物流施設やホテルに対する投資額が増加していることも特徴として挙げられる。

詳細は、以下よりご覧いただけます。

>>[速報-2016年第3四半期] 世界の不動産投資額、前年同期比5%減の1,630億ドル(JLL発表)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る