Amazonが謎のボタン発売でリアル進出?!

Amazon Dash Buttonは、ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文

アマゾンが「ボタン」を発売し、ついにリアル進出を果たしました。

このボタン、何かといいますと、部屋のあちこちに貼り付けることができて、ボタンを押すだけで特定の商品が注文出来てしまうというもの。下記、イメージ画像をご覧いただければ一発理解かと。

アマゾンダッシュボタン 使い方2

日常よく買う「最寄り品」、トイレットペーパーや洗剤などが足りなくなったときに、ボタン押すだけですぐ注文できてしまうというもの。
「トイレットペーパーそろそろないなぁ買いに行かなきゃ」→「あ、忘れた!」を防止できます。
買いに行く手間、重いものを持って帰ってくる手間も省けるかもしれません。便利かも。

アマゾンダッシュボタン 使い方

このボタン初回は500円かかりますが、初回注文で500円値引かれるので実質無料です。
アマゾンが今一生懸命やってるプライム会員限定で購入・利用が可能となっています。

今のところ42商品分ありますね。

 

いや、すごいですねコレ。よく考えたものです。

ただし、値段は当然変わっていくと思うので、近所のスーパーで買うほうが安かったりするかもしれない。
いちいち値段チェックしなきゃいけないならボタンでなくてもスマホでも、、、、

ちなみに、筆者が良く買う日常の品々はアマゾンが安いですが、ロハコが安い場合もあります。
総じていうと、ドン・キホーテや近所のスーパーのほうが安いかな、、、。

どうなんでしょ?

下記、アルプスの天然水ボタンの場合、550ml24本入りで1962円、単価にすると82円。2Lの12本が1320円、単価は110円です。ともに送料無料です。

 

ただ企業サイドからみれば、価格比較で離脱する人がいたとしても、少々の値段差よりも利便を優先する人が定期的に買ってくれるのはありがたいことです。
どの商品も独占市場ってのはなく、ライバルが常に存在して常に強力な競合新商品を出してくるので 、自社で固定客をがっちりつかめそうな「この「ボタン」を作らない理由がない」というところでしょう。
アマゾンに払うマージンがいくらかわかりませんが、ペイすることが可能ならば。

スーパーの見切り品棚をみても、定番商品などほとんどなく、売れ残りの季節限定品や売れなかった新商品ばかりでしょう?あれは、各社が定番商品でいかに稼いでいるか、定番商品に依存しているか、の証拠なんです。
常にファンがいて定番商品を買ってくれるからです。

ただし、定番商品とて安住ではなく常に競合他社があるので、浮気されないように、このボタンでがっちり束縛しておくと、多い日も安心ですね。
浮気防止ボタンといったところでしょうか。束縛愛ボタン?拘束ボタン?

いちずなあなたも、大好きなお気に入りの商品にたっぷり束縛されてみてはいかがでしょうか。

 

>>Amazon Dash Button
Amazon Dash Buttonは、ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文できるボタンです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

不動産物件たくさんポータルサイト
不動産営業ツール

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年2月24日 fdj-today 2017年2月23日
    ■■国土交通省/森ビル(株)の民間都市再生事業計画「愛宕山周辺地区(I地区)開発事業」を認定(2017/2/2 […]
    fdj2-today
  • 2017年2月23日 fdj-today 2017年2月23日
    ■■国土交通省 /「不動産価格指数(平成28年11月・第3四半期分)」を公表(2017/2/22) ●不動産価 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る