民泊を6割以上が「安全だとはいえない」 ~ジャストシステム『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』

  • 2017/2/12
  • 民泊を6割以上が「安全だとはいえない」 ~ジャストシステム『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』 はコメントを受け付けていません。
シェアリングエコノミー 民泊

ジャストシステムが9日、『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』の結果を発表した。
これは同社が運営するリサーチサービス「Fastask」を利用して実施いたもので、20~69歳の男女1109名を対象として行われたもの。

調査の概要については以下の通り。

 

【調査結果の概要】

■カーシェアリングでは、自動車提供者の7割が、利用者の評価を重視

3.4%の人に、個人所有の自動車の貸し借りを行うカーシェアリングサービスの利用経験があり、そのうちの55.3%が「自分の自動車を提供したことがある」と答えました。自動車を提供する際に重視することとして、「サービス自体の評判」を挙げる人が最も多く(76.2%)、次いで「サービス自体の安全性」「利用者(乗客)の評価」(ともに、71.4%)でした※。

■6割以上が、「民泊サービスを安全とはいえない」

民泊サービスについて、民泊サービス認知者の4.9%が「とても安全」、18.5%が「どちらかというと安全」と答えました。一方で、32.6%が「どちらかというと安全ではない」、32.2%が「安全ではない」と答え、64.8%がその安全性について疑問を持っていることがわかりました。

■20代の約半数が、家事などの作業代行サービスを認知

家事などの作業代行サービスを「利用したことがある」人は3.3%、「利用したことはないが、利用したい」人は13.3%、「利用したことはなく、利用したいとも思わない」人は22.3%でした。認知率は38.9%で、年代別で見ると20代が46.6%と認知率が最も高いという結果でした。  

■オンラインオークションで、落札希望者が最も重視するのは「出品者の評価」 

オンラインオークションを商品落札のために利用したことがある人に、オークション参加時に重視することを聞いたところ、「出品者の評価」を挙げる人が最も多く(74.9%)、次いで「商品の詳細な情報」(73.3%)、「購入代金の支払い方法」(65.0%)でした※。

■20代のオンラインフリーマーケット出品経験者のうち、3人に1人が「本業より優先」  

オンラインフリーマーケットでの出品経験がある人に、本来の仕事(本業)とのバランスについて聞いたところ、14.0%が「出品業務の方が重要になってきた」、同じく14.0%が「出品業務の方を重視していきたい」と答え、合計で28.0%が本業よりも出品業務を優先したいと考えていることがわかりました。20代に限定して見てみると、13.2%が「出品業務の方が重要になってきた」、20.8%「出品業務の方を重視していきたい」と回答し、34.0%が出品業務を優先したい意向のようです。

※ 複数回答あり。

 

なお、上記調査の詳細は、以下のサイトからレポートをダウンロードできる。

>>『シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】』

 

シェアリングエコノミーは昨今世界を覆う勢いで市場が拡大しています。
民泊のAirbnbや、白タクのUber、そのほか、さまざまな共同利用のサービスが世の中に出てきています。
「エコ」や「ミニマリスト」などの思想が先進国を中心に広がって、いまや世の中は「所有」から「利用」へと大きく移り変わりつつあります。

人の根源の欲望としての「所有欲」が消えてなくなりはしないでしょうが、さほど執着のない事柄に関しては「必要な時に使えればいい」ですむというのは誰しもが納得いくところではないでしょうか。また、空き時間、空きスペースなどを他人に貸して、お小遣い稼ぎをしたい、という心理もまた理解の範疇ではないでしょうか。

格差社会が進行していく世の中で、少しでも節約したい個人と、少しでも収益を得たい個人のマッチングがシェアリングエコノミーを拡大させていると読むこともできます。

はたしてこれから先、どのような世の中になっていくのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

ページ上部へ戻る