次10年の居住用不動産の主要顧客「20代への住まいの意識調査」/住環境研究所

  • 2017/3/1
  • 次10年の居住用不動産の主要顧客「20代への住まいの意識調査」/住環境研究所 はコメントを受け付けていません。

住環境研究所が「20台の住まい意識調査」の結果を発表した。「次の10年における住まいづくりの主要層となる20才代の方々が持つ住まいに関する意識について調査」とのこと。

結果については、

1.「手間をかけずに好きなデザイン」を実現したい
2.住まいの可能性については「つくり足す」より「変更の容易性」を重視
3.こだわり方は全方位的ではなくスポット的
4.「子供」「家族いっしょ」をより重視

となっており、節約志向と個性化が見て取れる。
また、4の項目については2000年調査との比較も行っているが、かつての20代(現30代)より、「子供・家族」を重視していることが分かった。

住まいに関する家族意識調査

 

調査の仔細は以下からご覧いただけます。

>>住環境研究所「20台の住まい意識調査」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年10月19日 fdj-today 2017年10月18日
    ■■国土交通省 /「国土審議会土地政策分科会第2回特別部会」を開催(2017/10/18) ●10月25日、所 […]
    fdj2-today
  • 2017年10月18日 fdj-today 2017年10月18日
    ■■(公財)東日本不動産流通機構 /「首都圏不動産流通市場の動向(2017年07~09月)」「首都圏賃貸居住用 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る