国交省「平成28年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果」を発表

  • 2017/3/14
  • 国交省「平成28年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果」を発表 はコメントを受け付けていません。
FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

国交省は10日「平成27年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果」を発表した。

新築住宅向けの貸し出しが多い一方、割合としては減少傾向で、中古への貸し出しが増加傾向にある。また低金利を背景とした借り換えについては減少傾向である。
貸出元としては都銀・信託銀行等と地銀がほとんどである。

また、選ばれる金利タイプとしては変動金利型がもっとも多く、固定金利は減少傾向である。

 

「平成27年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果」概要一部抜粋

個人向け住宅ローンの実績について、平成27年度の新規貸出額は 182,170 億円であり、平成 26 年度より 2,756 億円減少してた。貸出額は都銀・信託銀行他が59,609億円で、続く地銀が58,196となっている。

銀行住宅ローン貸し出しシェア

 

また、貸出残高については、平成 27 年度末時点の貸出残高は 1,600,387 億円であり、平成 26 年度末より 29,902 億円増加している。

 

住宅ローン貸し出し残高

 

新規貸出額の使途別実績について、平成 27 年度の新規貸出額の内訳は、新築住宅向けが 68.7%既存(中古)住宅向けが 16.1%借換え向けが 15.2%となっている。
既存(中古)住宅向けの割合が増加傾向にあ る一方、借換え向けの割合は減少傾向にある。

 

住宅ローンの貸し出しは新築不動産住宅が圧倒的

 

仔細は以下からご覧いただけます。

>>「平成28年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書」(PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年12月6日 fdj-today 2017年12月5日
    ■■リクルート住まいカンパニー /「2017年 注文住宅動向・トレンド調査」を実施(2017/12/5) ●注 […]
    fdj2-today
  • 2017年12月5日 fdj-today 2017年12月4日
    ■■国土交通省/「第4回住宅瑕疵保険制度のセーフティネットに関する検討会」を開催(2017/12/2) ●12 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る