住宅ローン調査:「完全固定型」が38.5%、「変動型」が32.3%、「固定期間選択型」が16.3%

マイボイスコム株式会社が8回目となる『住宅ローン』に関するインターネット調査結果を発表した。
同調査は2017年4月1日~5日に実施し、10,962件の回答を集計したもの。

同調査によると、住宅ローンの現在借入者は2割強、借入経験者は5割弱、借入予定者は約2%となっており、借入者・経験者は過去調査と比べて減少傾向にある。
また、住宅ローン借入経験者・予定者の借入先選定時の参考情報は、「住宅販売・不動産会社の店頭や担当者」「金融機関の店頭や担当者」が各2割強、借入予定者ではネットからの情報に関する項目が上位となっている。

以下、調査概要

◆住宅ローンの利用経験
住宅ローンの借入経験者は5割弱、「借りている」が23.8%、「借りていたが、もう返済が終わった」が24.1%です。「借りたことがないが、具体的に借りる予定がある」は1.5%となっています。借入者・経験者の比率は、過去調査と比べて減少傾向にあります。40代では、「借りている」が3割強で他の層より高くなっています。50代以上では、「借りている」が2割、「借りていたが、もう返済が終わった」が4割です。

◆利用している住宅ローンのタイプ
借入経験者・予定者の利用している(予定の)住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が38.5%、「変動型」が32.3%、「固定期間選択型」が16.3%です。現在借りている人では「変動型」が約45%、過去に借りていた人では「完全固定型」が5割強となっています。

◆住宅ローン借入先選定時の重視点
住宅ローン借入経験者・予定者の借入先選定時の重視点は、「金利の低さ」(64.4%)の他、「諸費用・手数料」「繰り上げ返済手数料」「返済期間の長さ」が2~3割で上位にあがっています。「金利の低さ」は、男性30・40代でやや高くなっています。

◆住宅ローン借入時の参考情報
住宅ローンの借入先選定時の参考情報は、「住宅販売会社・不動産会社の店頭や担当者」「金融機関の店頭や担当者」が各2割強、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「勤務先での社員向け融資の説明」「家族・友人・知人などからのクチコミ」が各1割です。これから借りる予定がある人では、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「住宅ローンに関する情報サイト」などのインターネットからの情報に関する項目が上位にあがっています。

◆利用したい住宅ローンのタイプ
今後利用したい住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が18.2%、「変動型」「固定期間選択型」が各1割です。「わからない」が半数強みられます。

 

──<< 回答者のコメント >>─────────
◆住宅ローン借り入れ機関の利用理由 (全3,186件)
・これまでの実績と安定性という現実的な話と会社とのつながりを密接にするためという人間関係の面で選択した。(男性25歳)
・手数料、提携住宅ローンであること、優遇期間経過後の優遇率。(男性38歳)
・金利がやすい。一部繰り上げ返済の手数料が無料。(男性39歳)
・給与振り込みの口座からの引き落としが可能だったから。(男性51歳)
・不動産会社との提携で、ずっと金利の優遇が受けられるから。(女性29歳)
・丁寧な対応で親身になって相談に乗ってくれる。(女性39歳)
・会社のメインバンクだったので他に選択肢が無かった。(女性47歳)
・忙しくて金融機関に行くのが負担だったので、ネットで手続きできる金融機関を選んだ。(女性55歳)

調査の概要は以下からご覧いただけます。

>住宅ローンの利用に関するアンケート調査(第8回)(マイコムボイス)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

不動産物件たくさんポータルサイト
不動産営業ツール

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年5月23日 fdj-today 2017年5月23日
    ■■国土交通省 /「平成29年度住宅・建築物技術高度化事業」の提案募集開始(2017/5/22) ●応募期間: […]
    fdj2-today
  • 2017年5月22日 fdj-today 2017年5月22日
    ■■(一財)日本不動産研究所(JREI)/「東京23区のマンション価格と賃料の中期予測(2017~2020年、 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る