国交省「土地情報システム」に不正アクセス。20万件ものデータが流出。

  • 2017/6/7
  • 国交省「土地情報システム」に不正アクセス。20万件ものデータが流出。 はコメントを受け付けていません。
FDJ ニュース 不動産データアンドジャナール

国交省が不動産取引価格などを公表しているサイト「土地総合情報システム」が第三者による不正アクセスを受け、取引情報が流出したことが分かった。

今年4月7日から6月2日までに回答されたアンケート情報が不正アクセスにより流出され、個人情報で最大4335件、土地所有権移転情報が20万件流出した鹿上氏があるとのこと。

同サイトを構成するアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の虚弱性が付かれた模様。

「Apache Struts 2」は3月に虚弱性が見つかり、多くのサイトでの情報漏洩が起こっており、ウェブ上でも多くの警告・対策などが騒がれていた。(リンク参照)

検索で制作会社を探してみると、NECが2014年にリニューアルを担当したというリリースが見つかった。

 

>>国土交通省「「土地総合情報システム」における不正アクセスおよび情報流出の可能性について」

 

報道各社の報道は以下の通り。

>>国交省の「土地情報システム」不正アクセス、個人情報流出か(TBS NEWS)※動画あり

 国土交通省の不動産取引の情報を管理するシステムが不正アクセスされ、個人情報が流出した可能性があることが分かりました。

 不正アクセスされたのは国土交通省の「土地総合情報システム」です。システムでは不動産情報が管理されていて、インターネット上で不動産の取引についてのアンケートに答える機能がありますが、国土交通省によりますと、そのプログラムが不正アクセスされ、今年4月7日から6月2日までに回答された情報が流出した可能性があるということです。

>>国交省の土地総合情報システムから個人情報4000件強が流出 Apache Struts2が原因(IT MEDIA)

国土交通省が6月6日、同省の「土地総合情報システム」に用意されている、「不動産取引価格アンケート回答(電子回答)」サイトに不正なアクセスがあったことを明らかにした。3月に情報が公開された「Apache Struts2」の脆弱(ぜいじゃく)性を利用して、悪意のあるプログラムが仕込まれていた。

>>土地取引情報最大20万件流出か 国のシステムに不正アクセス(日本経済新聞)

 国土交通省は6日、不動産取引の情報を掲載する「土地総合情報システム」が外部から不正アクセスを受けたと発表した。土地や建物の取引価格や購入者名、所有権移転日などの取引情報が最大約20万件流出した可能性があるという。同省は不正アクセスの経緯や情報の流出の有無について調べている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年10月16日 fdj-today 2017年10月15日
    ■■三友システムアプレイザル不動産金融研究所/「三友地価インデックス 東京圏の最新地価動向」(2017年第3四 […]
    fdj2-today
  • 2017年10月13日 fdj-today 2017年10月13日
    ■■(一財)森記念財団 都市戦略研究所/「世界の都市総合力ランキング(Global Power City In […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る