日本の最も魅力的な都市は京都、都道府県では北海道/「地域ブランド調査 2017」

  • 2017/10/19
  • 日本の最も魅力的な都市は京都、都道府県では北海道/「地域ブランド調査 2017」 はコメントを受け付けていません。
FDJ不動産ニュース

ブランド総合研究所が台12回「地域ブランド調査 2017」を発表した。

この調査は、1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査。2006年に調査を開始以降、2017年で12回を数える。

本年度の、全国で最も魅力的な都市は京都市、都道府県では北海道が一位に選ばれた。結果は以下の通り。

魅力的な都市

全国で最も魅力的な市区町村は京都市となりました。同市が1位になったのは 2013年以来2度目。2位には前年1位の函館市、3位は札幌市となりました。都道府県は北海道が1位、2位は京都府となっています。

京都市は 2013年以来2度目の魅力度1位。同市を“魅力的”と評価した割合は 65.4%となっています。京都市は認知度等も高く、居住意欲や観光意欲などで高い評価を得ています。なお、この 10年間で1位から 3位を京都市、函館市、札幌市の 3 市が独占しています。今年は仙台市や広島市、福岡市といった地方の中核をなす大都市の評価が上昇傾向です。また、今年 7 月に世界文化遺産登録が決定した福岡県の宗像市、福津市は情報接触度が過去の登録地ほど上昇しないという結果となりました。

■2008年から上位3市を京都、函館、札幌で独占
市区町村で魅力度1位になったのは京都市で48.1点。京都市に対して「とても魅力的」と回答した割合は30.8%、「やや魅力的」と回答した割合は34.6%で計65.4%が同市を「魅力的」と回答している。他項目では、認知度が前年に続き1位、情報接触度も3位と高い周知性があり、また居住意欲度では3位、観光意欲では2位と「住んでみたい」、「訪れてみたい」市として高い評価を得ている。特徴として「歴史・文化のまち」(1位)、「学術・芸術のまち」(3位)など歴史性に対して全国でも突出した高いイメージ想起を有している。
2位は前年1位の函館市で47.7点。3位は前年と同じく札幌市で47.0点となっており、上位3市は前年よりも魅力度が上昇、点差も非常に接近している。
京都市、函館市、札幌市の3市は2008年から今年までの10年間、上位3位を独占。この10年間に京都市は2回、函館市、札幌市は各4回1位となっており、さらに3市とも3位以上を維持しており、長い期間にわたって“魅力的なまち”として評価され続けている。

■北海道は9年連続1位。点数大幅上昇

都道府県では北海道が2009年に調査対象に加わって以来9年連続で1位。2位は京都府でこちらも9年連続。
10位までの顔ぶれは前年と変化はないが、点数はいずれも上昇している。1位の北海道も昨年まで点数は下降傾向だったが、今回は大幅に上昇した。
北関東3県では群馬県と栃木県が上昇。他の地域では兵庫県、広島県、宮崎県、山梨県、新潟県、滋賀県、福島県、岐阜県なども上昇している。

 

調査結果の仔細は、以下からご覧いただけます。

第12回地域ブランド調査2017ニュースリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

【FDJアーカイブ】

FDJ不動産パノラマ:旧アーカイブ
旧サイトのアーカイブ

RSS 毎日更新 ★不動産・住宅産業★今日のできごと

  • 2017年11月17日 fdj-today 2017年11月17日
    ■■経済産業省/老人ホームに関する情報提供サービスに係る宅地建物取引業法の取扱いが明確になる(2017/11/ […]
    fdj2-today
  • 2017年11月16日 fdj-today 2017年11月16日
    ■■不動産経済研究所 /10月の「首都圏のマンション市場動向」を発表(2017/11/15) ●発売3.0%減 […]
    fdj2-today
ページ上部へ戻る