【不動産ダイジェスト】

「QRコード」って、ご存じですか

[前号]
前号

不動産・住宅ジャーナル/2004年6月1日号

[次号]
次号

 最近よく、「QRコード」という言葉を耳にしたり、記事を見かけたりしませんか(一見に如かずと言うことで、マークを張り込んで見ました)。私も最近大阪に出張するまで知りませんでした。帰りの新幹線でリング&リング(株)の金丸専務から「QRコード」の開発物語(同氏は当初から開発プロジェクトに関わってきた)とその機能について、詳しいレクチャーを受けました。
 金丸専務からは大いに勉強させて頂いたのですが、ここでは http://nikkeibp.jp/ に 投稿された(公開されている)2004年5月14日の記事『携帯電話で"読める"2次元コード、サイト誘導などで活躍』から、「QRコード」の何たるかをまず見ておきましょう。

 「最近、書籍や雑誌、カタログ、名刺などで見かけるようになってきたのが、たくさんの細かい点を組み合わせた四角いマークだ。バーコードが線(バー)、つまり横方向の1次元で情報を取り扱うのに対し、タテ、ヨコの面で情報を取り扱うので「2次元コード」と呼ばれている。

 その代表が「QRコード」。これまで物流や工場間の受発注などの用途で使われてきたが、多くのカメラ付き携帯電話にコード・リーダー機能が搭載されるようになったことで、利用範囲が一気に広がってきた。たとえばQRコードにURL(uniform resource locator)を埋め込めば、文字数が多くキー入力が煩わしいインターネット・サイトへも容易に誘導できる。その典型が、雑誌や単行本、カタログやパンフレット、ポスターなどへのQRコードの印刷だ。印字されたQRコードを利用者の携帯電話に読み取らせることで、URLをキー入力することなく当該サイトへ容易に誘導できる。商品情報やキャンペーン情報といった、より詳細な情報にアクセスさせられるわけだ。
 QRコードは印刷によって大量生産できるので、急速に対応機器が増えつつある携帯電話と組み合わせることによって、応用分野は今後さらに拡大しそうだ」。

 ところで、なぜ「QRコード」を取り立てて紹介させて頂いたのかというと、不動産業にもサイト誘導などでの活用が目につくようになってきているからなのですね。以下に「QRコード/不動産」のキーワードで行った、Googleの検索結果(展開例はたくさんあるのですが)一例だけ紹介して見ましょう。
 群馬県館林市/(株)信誠不動産=Docomo504i,505iの対応機種で、サイト誘導(携帯電話のカメラで読み込むと、いちいち入力せずにブックマークに登録への登録が可能)。http://www.shinsei-j.com/main.shtml

 ところで、(株)リクルートは「QRコード」のASP事業(サービスパッケージの提供)を、【MO-ON】(ムーン)ベーシックhttp://mo-on.net/index.html――の名称で開始しました。
 (株)リクルートのサービスは、とくに不動産業に向けたものではありませんが、「QRコード」は案外早く不動産業の現場にも浸透してくるのではないでしょうか。

[目次]
目次へ戻る
[HOME]
ホームページへ戻る

●お問合せ先 :(株)不動産データ&ジャーナル社

〒358-0027 埼玉県入間市上小谷田1-3-3-501
TEL 04(2964)7411
FAX 04(2965)6707
E-MAIL asami47@gol.com